http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年6月18日水曜日

ドクターストップは無し!

 [PET検査] ブログ村キーワード

 再訪越するために、PET検査/CT検査をすることになった。
手術後の治療も終わり、定期的な検査のみに通っている病院だ。

検査にあたっては、検査でひっかかったらどうしようという少し不安があった。

10日後に訪越するために航空券を買っているし、いや訪越するために受ける検査するのだが、やはり不安感はある・・・。

PET検査/CT検査を受けるために、担当医師の説明を受ける。
PET検査というのは、ブドウ糖を体に入れてそのブドウ糖が集まる状況を検査するらしい。

ブドウ糖は炎症をおこしている箇所や悪性腫瘍が好むのらしい。そのブドウ糖に放射性物質を付けてレントゲンで映すとのこと。

病原菌が原因でない筋肉炎症でも反応するのでPET検査/CT検査にも弱点はあるという説明になんとなく納得。

検査のための造影剤(ブドウ糖)の注射の前に、糖尿病の検査をするために血の採取。

医者:「おかしい??、血がなかなか出ない。皮が厚いですね。こんなことは初めてです。何か特別な仕事でも?」

私:「・・・いや!(日本語教師で指の皮が厚くなるとも思えないし??)、面の皮が厚いとも聞かないし・・・」

医者:「もう一度やりましょう」

私:「その検査器は使い回し???」

医者:「良く聞かれます・・・。」??

(最近日本では病院で検査器の複数の人への使い回しが問題になってる)

しばらく休んで検査をする。結果はすぐには出ないので午後の診察まで待つ。

午後の診察時にまだ結果は出てない。
血液検査の結果は異常なしとのこと。

医者に漢方薬と整腸剤の処方を頼む。
医者:「抗◯◯剤は要りませんか?」
私:「(・・・毒薬は)要りません」
(なんでこの医者は毒薬を勧めるのか???!:不信感!!)

今後の定期検査のためにベトナムの医者への紹介状を頼むが2時間後に再訪せよとのこと。

2時間後に紹介状とPET検査/CT検査のデータをもらう。
医者:「定期的な検査はしてください。再発の危険性ありとしておきました。」「ただPETで何故か首に集中してました?何かありますか?」
私:「さー、他に異常はありませんね、お世話になりました。」(医者は絶対に再発は無いとは言ってくれない)

首の件は、数日前から歯茎が少し腫れていたからのではないかと勝手に判断している。(本来、病院でそのことも患者を問診して診断をして欲しいのだが、大学病院は忙しすぎてダメだ。
担当の医者は、私が紹介状を待つ2時間で20人もの患者を診ているらしい。)

バタバタだったが、検査ではドクターストップはかからなかったので無事クリア。あとはベトナムへゴーだ。
検査の長い長い一日でした。





クリックして、ランキング投票をお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: