http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年8月31日日曜日

ホーチミンの夜は長い!

ただいまの時間は夜の22時45分。
近所の家ではカラオケ大会?の真っ最中です。

大音響で聞こえてきます。
ベトナムの音楽は日本の演歌や民謡に似ているところがあるように思います。
少し物悲しいメロデイーなどなど。
私は音痴なので音楽関係のことは分かりませんが、何か共通点があるような気がします。

それにしても、今日は日曜日なんだが。
明日は月曜日。どうも近所のみなさんの生活には関係ないらしい。
今日が何曜日かなど、明日も・・・.

TRA VINHチャーヴイン旅行−3/食欲の編

夜の食事は海鮮料理ということで、この町で一番美味しい店に行きました。
タクシーで着いた所は、暗い林の中でした。
写真のように屋外で食べます。隣には池があります。

ベトナムでこんな風情ある場所で食事をしたのは初めてです。
ホーチミンでは体験できないですね。
連れの韓国人女性Bが「彼氏と来たい!」とつぶやきます。
みんな「私も」「俺も」・・・。
なんという三人組!
魚は名前は覚えてませんが、白身の川魚です。ライスペーパーで野菜などと包みヌクマムを付けて食べます。
鱗も油で揚げてあるので食べれます。

海老も文句なしに美味しかった。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

TRA VINHチャーヴイン旅行−2

車はメコンデルタの緑豊かな地域をひたすら南へ猛スピードで走る。
左右に水田や川を眺めながらただ走る。


このような水と緑豊かな景色とは関係なく、私たち三人の話題は食欲、性欲に偏っているのでした。(一人を除いて若いからね)
クラスメイトBは韓国人ですが、日本やオーストラリアに留学経験があり、日本語と英語が堪能。
海外旅行で訪ねた国は十数カ国らしい。
その先々の、食べ物の話しでは、珍味やゲテモノを食べた話しで盛り上がります。

中でも、ゴキブリを中国で食べたということ。ゲー!!
焼き鳥風でビールのつまみに良いとか・・・。


私もたいていの物は食べますがそれだけは遠慮したい。

午後の2時頃にTRA VINHチャーヴインという町に着きました。


昼寝の後、耳掃除と顔マッサージに近くの散髪屋へ行く。
私は念願の耳掃除なのだが、一年ぶりで垢がたまっているらしく少し痛い。
ついでに顔を剃ることになったが、これは失敗だった。
カミソリが切れないのでヒゲを無理やり切るような感じで痛い!「痛い痛い」と日本語でわめいたがダメだった・・・。
(あとで顔をなでると、剃り残しがあったし)

女性陣は顔マッサージで「癒された・・・」らしい。

夜は叔父さんという人に食事を案内していただきました。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

TRA VINHチャーヴイン旅行−1

金曜日の朝9時にTRA VINHチャーヴイン行きのバスはホーチミン5区を南に向けて出発しました。(バスと言っても、ワゴン車で乗客は10人前後です。)

走る事1時間前後、ここはホーチミン市なのか?分かりませんが、左前方に住宅団地らしき建設中の所が見えましたが、車はあっという間に通り過ぎてしまいました。
車の前方に見えるのは、ベトナムには似つかわしくないような近代的な橋です。どうやら、この橋は先に日本がODAで建設中に事故が起きた橋のようです。もう完成したんですね。(この情報は不確かです。この橋だったかな?)
この橋がどの辺に位置するのかは分かりませんが、メコンデルタ地帯のメコン川の支流の一つを横断しているのでしょう。
ところで、今回の旅は先の「美女2人と動物園デイト」と同じメンバーの3人である。
金曜日が急に休みになって、急に思いついて美女の一人の田舎へ行く事になったのである。
その本人以外は、この写真の地域を走っている時には行き先の地名も場所も知らないままの気ままな旅の始まりです。
 
10代と20代の若き美女2人とおじさんがベトナムで旅行できるとは、こんな幸せなことはない。ワクワク旅行の始まりである。

↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月28日木曜日

明日から南部へ旅行

 明日、金曜日は本来はベトナム語学習がある日だが大学の都合で休みになった。
来週の9月1日2日も休みなので五連休だ。

そこでクラスメイトでベトナム人ハーフの女子大生のベトナムの田舎がHCMから200キロ南へ行った所にあるというので、そちらへ
この間親しくしている韓国人女性Bと3人で行くことになった。

行く先の地名などは詳しく聞いていないが、明日の朝に出発だ。車で5時間くらいかかるらしい。
2泊3日の旅だ。

ということで、その間はこのブログも投稿は休みとなります。
帰ってきたら、旅の報告をします。乞うご期待。

では、みなさまも良い週末をお迎えください。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月27日水曜日

ぼったくり?/ここはベトナムだった。

 今日の放課後、韓国人男性一人と韓国女性二人と4人で大学の近くの食堂へ行った。

そこは最近みんなが行き出した店だ。
フォーでは無いが同じ麺類を売っている店で、他にチエー(ベトナム風のデザート)を売っているので、今日はそれを食べようと行ったのだ。

各々注文して、学習で脳細胞が疲れているところに甘い物を食べて気持ちも満足して、さあー勘定は?

ところが、韓国人男性がいつの間にか勘定は一人で払ってくれたようなのだ。素直に「ありがとう」と言ったら、女性陣が何か騒ぎだした。

一人4000ドンで16000ドンのはずが、その男性は20000ドンを払ったらしい。4000ドンのおつりをくれなかったらしい。

その男性は「まー、いいか」のようだが、女性陣が黙ってはいない。

店主のオバはんに「値段表にに4000ドンって書いてあるでしょう、何で5000ドンなの?」

オバはんがトボケているので、今度は店のお客に聞き出した。
(女性は強い!)「ここのチエーはいくらですか?」

そしたら、店のオバはんが韓国人男性に4000ドンを返したのである。

お客に聞き回っているクラスメイトの韓国人女性二人に「お金を返してくれたよ!」と言っても、何で??というような顔つきだ・・・。

店を出てから「これがベトナムだね!」
「次から来たくないよね」「まったく」

先の事を考えないで、今さえ良ければいいや!というのがベトナム人だとは聞いていたが、また現実を知ってしまった。

「日本や韓国ではあり得ないことだ」というのが今日の4人のクラスメイトの一致した意見でありました。

しかし、女性は強しでした。(男だけだったら、一度払ってしまったし・・・、と諦めるところでした。)



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

あー、ここはベトナムだった!(おれが先だろ?!)

 さきほど、近くのデパート(ベトナムではどう言うのか分からないが、日用品から本まで売っている店)に、あまり買う気はなかったが小さい金がないので何かを買うつもりで行った。

越日辞書の良いのを探したが、あまり無い。一方で英越&越英辞書は種類が豊富だ。

結局、時間が無いので今度じっくりと見て買う事にして、石鹸を一つ手に持ってレジカウンターへ行く。

私の前に一人客がレジ清算しているので、その後ろで手に石鹸を持って順番を待っていた。

次に、私の番か?と思った瞬間、左後ろからオバはんが物をカウンターにポンと投げた。

「オイ!オバはん」と思ったが、一瞬遅れて私もカウンターに石鹸を置いた。

しかし、レジのネーちゃんはオバはんのを先に清算するのである。

「あー、ここはベトナムだった!!」

「こっちが、先だろ」は通用しない。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月26日火曜日

美女二人と動物園デイト!

 今日の楽しかった授業の放課後、さらに楽しい出来事が待っていました。


大学のすぐ近くに動物園があったので二人の若きクラスメイトと行きました。

今週のホーチミンは雨も降らないで暑いのですが、それも吹き飛ばすほどの刺激でした。
近年覚えが無いほどの両手に花体験でした。

これで脳細胞に良い刺激があり活性化したでしょう。

これもベトナム語留学の醍醐味なり。






↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

今日は楽しく勉強ができた!/ベトナム語留学




 今日は火曜日、ベテランの先生でした。
今日の先生は人柄と経験の差か、学生をリッラクスさせることが上手な先生だと思いました。
他の学生も、今日の先生の授業が楽しいと言っている。

比較して申し訳ないが、もう一人の先生は少し恐い感じで間違ったら怒られそうな雰囲気を出しています。
声が大きいのはいいのですが。

そう言えば、教師養成講座で海外の研究で学生をリラックスさせるために音楽を聴かせたり、時にはアルコールまで
用意したりして実験した例を習ったな。

学生がリラックした環境で学ぶ方が上達は早いのですね。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月24日日曜日

デタム通りの近くでしばしの懇談/ホーチミンの1区




 日本から短期のベトナム語留学に来た友と、私のベトナム語留学のクラスメイト二人と計4人で食事をデタム通りの近くのレストランでした。

デタム通りの近辺は、やはり外国人が多い通りだ。
ミニホテル周辺をウロウロするのも初めてだった。

ミニホテル周辺のレストランは値段は高い。
外国人価格だ、と変なところに感心する。

4人でそれぞれの国の事情を情報交換する。

韓国と日本から来た二人の若い女性の言い分で一致したのは「国の未来に展望を感じない」だった。

私のように何十年も日本で生きてきた人間が思うのと、上記の若者が思うのとでは何かが違うのだろうか?

楽しい交流の中で、考えることもあった懇談でした。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

市場の姐さんに!

 今日は日曜日、朝は昨日も行ったカフェへ行くがさすがに日曜日なのでお客が多い。

少しベトナム語学習の復習をしてから、近くの市場へ行く。

いつも八百屋の姐さんは、私の顔を見るなり何か早口でベトナム語でまくしたてるのだがさっぱり分からん。
姐さん、私がベトナム語が分からんのを知りながら何を言ってるの?

どうも先に来た時に、この店の人参が少ないので他所の店で人参を大量に買ったのを文句を言っているような雰囲気だ。
「あんた、なんでよその店で浮気すんのよ!」というような雰囲気だ・・・。

そんなこと言っても、この店に無かったではないか、と言いたいが言葉が通じない。

今日も私の欲しい人参は少ししかない。
「明日来るから、3キロ取っておいてください。」
と身振り手振りのベトナム語で言ったが通じたかな?

とその時、豆腐屋のオヤジが通りかかって「やー、この姐さんに騙されてはいかんぞ!」と言うようなことを言っている。

姐さんは「この男は悪い男だ!」とやり返している。

帰りもフルーツを買って帰る。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月23日土曜日

なぜ、スタッフは多いのか?/ベトナムの不思議

 先のカフェもそうだが、ベトナムのカフェやレストランなど店員を置いている店はやたらに店員が多い。

日本的感覚なら三分の一で済むだろうとおもうのだが、とにかく多い。
そして、人が多すぎてやる事がないからスタッフ同士でおしゃべりやボケーとテレビを見たりしている。
日本人はそういうのが気になって仕方がない。

人件費が安いからといってもなーと思っていたのだが、ベトナムの不思議の一つだった。

最近それについて有力な説を聞いた。
「お互いに監視し合う為に置いている」という説だ。

ベトナム人はボスがいれば仕事するが、居ないと怠ける。
複数体制で従業員同士で監視し合うようにして怠けさせないためにあれだけの人数が必要らしい。

そう言われると、なんとなく納得するが、しかしどうして監視し合うのかが分からない?未だ不思議の世界だ。

人が多ければ一緒になって怠けるのではないかと思うのだが?
ベトナム人意識が分からないことには未解明だ。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

コーヒーを飲みながら勉強

今日は土曜日、夕方まで予定がないのでリラックスムード。
9時から2時間ほど、近くのカフェに行き、コーヒーを飲みながらベトナム語学習の復習をした。
コーヒーカップの手前に写っているのは大学の教科書です。
このカフェは照明は少し暗い。(ベトナムは全体に照明は暗い)上記のコーヒーは19000ドン(130円相当)です。
これで2時間勉強できたら御の字です。

これが1区に行くと3倍の値段になります。ここは4区。
帰り際に、駐車係のおじさんに「何をしている、何処にすんでいる?」という質問に会い少し会話をする。

久しぶりの、のんびりとした土曜日でした。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月22日金曜日

ベトナム語留学の楽しみ!

 [女子学生] ブログ村キーワード

 今日、ベトナム語留学ならの楽しみを体験した。
授業が終わってから、一階の「勉強室」(オープンスペースで多くの人々が自習している所)へ各国女性のB及びクラスメイト4人で行き、今日の分かりにくいことなどを自習した。

そしたら、左隣の女子学生らしき若者のテキストが韓国語で書かれているのが気になり質問する。

三人の女子学生は韓国語を勉強しているベトナム人だった。
私は頼りないベトナム語で少し話しかけてみる。

そのうちに、私の真向かいの韓国人Bを巻き込んで色々とベトナム語、韓国語、英語の会話が始まった。


彼女達は韓国語を学び始めてまだ一ヶ月ぐらいらしいが、「私たちのベトナム語よりも彼女達の韓国語が上手だ」と韓国人Bが驚いている。

韓国語の先生は?と聞くと、ベトナム人らしい。
韓国語の学習時間は?週に18時間らしい。

そのうちに、その韓国語の教科書(どうも韓国製の教科書をコピーしたものらしい)に載っている単語をベトナム語と日本語に翻訳したりと交流は深まっていく。

彼女達にしたら、授業でも聞けない韓国語のネイテイブの発音を聞くチャンスだから良かったのではないかと思う。

こちらもまたそうだ。
最後に、彼女達3人の名前を聞いて別れる。
まだ、その3人は韓国語ネイテイブの発音を聞きたいようで交流は続くようだ・・・。

昼ご飯の時間に間に合うように、自転車を漕ぎながら「今日のような放課後交流もベトナム語留学の醍醐味だな!」と自画自賛する。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月21日木曜日

ベトナムで玄米食を食べる


 私は病気をしてから、健康の為に玄米食を行ってきた。
日本に居る時は、もちろん田舎の仁多米(こしひかり)を食べていた。仁多米は東北の米と同等の美味しさがある日本でも有数の米だと思う。

ところがこのベトナム来てからの玄米食実施は少々大変である。
玄米は日本から持ち込んできた物を、こちらで買った日本製の炊飯器で炊いていた。
日本では玄米を炊飯器で炊くとかなりの時間がかかるのだが、ベトナムでは電圧が200Vなので短時間で炊きあがるのに驚いた。

日本では数時間前に水に浸しておいたりしなければふっくらと炊けないのだが、こちらではそうでもないのである。
やはり電圧が倍も違うと大きな差が出ると感心している。

しかし、日本からの持ち込みの玄米が切れかかってきたので、ベトナムの玄米を家主の田舎から取り寄せて炊く事になった。
今日がその最初である。まず日本米と一緒に炊いてみることにする。
写真のがそのベトナムの玄米である。
非常に細長い品種であるのに驚いた。

味やいかに。この文章を書いている段階ではまだ炊きあがっていないので、その感想は後でということで・・・。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

ベトナム語留学一ヶ月経過!

(教室の前から撮影)
[留学] ブログ村キーワード

 HCMの人文社会科学大学にベトナム語留学をして今日で一ヶ月が過ぎた。

色々あった。先生は二人担当だがこの間で二人交代した。
ようやく落ち着いてきたかなという感じだ。

授業内容については色々と思うところはあるが、郷に入れば郷に従えという諺もあるので仕方ないかなと思うこの頃だ。
(教室の前の廊下、一番奥が私たちの教室)

ころころ先生が代わって、今の先生はベトナム語での説明が多いし、会話練習も少しずつやるようになったので満足している。

一方で、語彙が増えてきたので確実に覚えていかないと落ちこぼれそうだと不安もある。
(最近ではこのような青空が見えるのは少ない、今日は久しぶりの天気だ。)

ただ、市場に買い物に行って、覚えたての文型を使ったりしているが、ベトナム人がしゃべるのを聞き取るのはなかなか難しいものがある。

しかし、面白い。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月20日水曜日

先生は代わった。/ベトナム語留学

 ベトナム語学習の火木担当の先生は代わりました。
先に「革命戦士?」ではと書いた先生が担当になった。

この先生は北ベトナム出身なので、発音は少し違うところがあるが、それはそれで違いが理解できて良いかなと思う。

ただ、発音の早さは早いのでなかなか聞き取れない。それが普通の早さでも外国人には聞き取れないのです。

もう少しゆっくりしゃべってよ!と思うのですが・・・。

ふと、日本語教育の現場を思いだして「自分も普通の早さでしゃべっていたかも。」いかに学習者には分かりにくいかが実感できる。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月18日月曜日

いきなり会話/ベトナム語学習


 今朝は朝から雨。
自転車に乗ってしばらくすると降り出したので、途中で雨合羽を来て再び走り出す。
大学に着いた頃には小雨になっていた。

雨だからか、クラスメイトの集まりが悪い。
韓国嬢のBは元気が無さそうだ?休憩時間にバタっと倒れている。
どうやら二日酔いらしい。

授業は、後半でいきなり先生が会話の練習を始めた。
一人に誰か指名して二人でフリーに会話をしなさいと言う。

先生、今まで全く会話の練習をしないでいきなり会話ですか?
これでは陸で泳ぎ方の練習をしていて、いきなり水の中に飛び込んで泳げといいうようなもんです。

それでも、みんなは必死に覚えた単語や文型を使って会話をするのですが・・・。

二日酔いのB嬢も指名されて私がペア相手になりました。
でも、B嬢は今日は死んでいます。
会話文が出てきません。
かわいそうに。

先生、今までもこのやり方で、学習者は会話ができるようになったのでしょうね。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2008年8月16日土曜日

ホーチミンの夜は妖しく危ない!?

 ベトナム語のクラスメイトで韓国人男性がいるが、彼が体験した事を書こう。

『ホーチミン市内の1区を夜一人で歩いていたら、二人の女性がバイクに乗って近づいてきて、いきなり99(chín chín)をギューとつかまれた。そしてお尻も触ってきた。驚いて叫んだらバイクで去って行った。』

財布は取られなかったので被害はなっかったらしい。
みんなで、財布目当てだったのだろうと話したが物騒な話しだ。

1区の夜の一人歩きは危険だということだ。
その男性は腕力には多少の自信があるようで、夜の一人歩きも平気でしているらしいが、触らぬ神に祟りなしという。
くわばらくわばら。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

あのリュックが一日にして!


 先に、市場でリュックを購入した経緯を書いたが、そのリュックを背負って大学に自転車に乗ってベトナム語の学習に出かけた。

いつものように、帰りに市場で人参を買い込みリュックに入れようとしたら、「えー、嘘だろう!

なんと、ファスナーの部分の布地がほつれてるではないか。
通常に使用しただけなのに・・・。ショック!

しかも、ファスナーの取手(?)も外れてしまった。

あー、またベトナムのイメージが壊れて行く・・・。
いや、こんな事でメゲていてはダメだと気を取り直して、買った店に行く。

幸い、同じ市場内だ。

その八百屋の娘の店(?)にそのリュックを持参し、見せる。
こういう時は、言葉も要らない。見れば分かる。
2〜3日前に買ったばかりだ、店は売ったばかりだ。

同じ中国製の物を出してきたが、触っているうちにファスナー部分がおかしくなってきた。ダメだこりゃ!

そしたら、ベトナム製や色々代わりの物を出してくるが、今ひとつ気に入らない。

そうこうしているうちに、数軒隣の店に連れて行き、韓国製の物を出してきた。少しデザインは気に入らないが他にはもうない。そこの中国製の物を触っているうちに、またファスナーの把手がポキッと折れた!(もうダメだ!こりゃ!)

そこで、韓国製が幾らか聞くと追加で20000ドン払えと言う。
韓国製が中国製よりも高いという根拠が分からないので、払うつもりは無いと交渉するが、なかなかOKしない。

結論から言うと、10000ドンの追加を払った。
何か、商品交換でも商売されたようで嫌な気分だが仕方ない。

この物が無事に長持ちしてくれることを祈るしかない。
(写真がその交換したリュックです)


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ