http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年9月18日木曜日

日本語の個人授業始まる!

 先にカフェで爽やかな青年との出会いを書いたが、その青年に日本語を教えることになって今日が初日だった。
青年と言っても、18歳の大学生だからまだ少年なのかな?

この10月から大学生になる彼は将来大学を出たら日系企業に就職したいという夢を持っている。
ベトナム人の大学生にしてはめずらしくバイトもしている。

彼とは今ではカフェの常連になった私は
毎日のように顔を会わしている。
昨日会ったときに、当初朝の10時30分と言っておいたのを10時からに変更したことを彼に告げておいたのだが
今朝、やはり現れたのは10時半少し前だった。
どうも、うまく伝わらなかったようだ。この辺が文化の違いとして出てくるのかな?

とにかく日本語の授業は今日から宿の私の部屋で始まった。
まずは、「ひらがな」から教えるのだが、やはり「し」が「しゅ」に「そ」が「しょ」に聞こえる。
母語の影響なのでもう慣れて驚きはしないが、これがなかなか直らないのだね。
今のうちに直さないとは思うのだが。

今後どう展開していくのかは分からないが、面白い出来事でもあればブログに載るでしょう。

それにしても、食事時に宿の女将さんが親切に食べてる物のベトナム語を教えてくれるのだが、それが聞いてもすぐに忘れるのです。覚えられないのです。
発音だけ聞いても、記憶に残らないのがベトナム語・・・。
一ヶ月前に教えたじゃないのという顔をしてる宿の女将だが、トホホ情けない。

でもね、ベトナム語は聞いただけではイメージが何とも湧かなくて覚えにくいのです。なんか秘訣は無いかね。これは寄る年並にもよるけどね。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

ka さんのコメント...

喫茶店から交流の輪が広がっていって素敵ですね。私はある程度日本語が話せる人が相手じゃないと、私の根気がないのでイライラしてきてどうも苦手です・・・

ところで単語の覚え方ですが、ベトナム語は漢越語から来た言葉が全体の言葉の大多数を占めるそうです。なので、一定の漢字への転換の法則が成り立つので、ベトナム語の単語をみたとき、それがどの漢字に当てはまるか考えると日本人としては連想・記憶しやすくなりますよ。
あとは、単語を聞いて、声調の種類と綴りが思い浮かべば、、、、これは慣れしかないですね?!
私も南の発音はあいまいで苦手です。

nihonngoyaroo さんのコメント...

ありがとうございます。
これも縁だなと思います。
これからが楽しみです。青年がどれだけがんばってくれるか?

ところで、単語の覚え方、そうですね。
努力してみます。読解というかベトナム語の発話を聴いて分かるには慣れも必要ですね。普通の早さだととてもついていけません。
がんばるしかないですね。