http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年9月28日日曜日

ユーンドンの町でカモになる?!/フーコック島


真珠お土産の店を出て、来た道にあったフォーの店に入る。
ところが間違って隣の店に入って「隣だよ!」と親切そうなおばさんがその隣のフォーの店を案内してくれるのだが、別に案内がなくても隣だから分かるのに・・・?。

ふとその親切風のおばさんを見ると手に宝くじらしき物を持っているではないか。(この種の人間には警戒心が湧いてくる)

とたんに、私の心に猜疑心が出て来た。この親切には裏があるのでは?

フォーボー(何故かガーはない)を注文したが、内心しまった値段を先に聞くべきだったかなと疑問が湧いてきた。
そのおばさんがフォーを造っている店の女将に何かひそひそ話しをしているのが気になる。

「カモの外国人が来たからフンダックてやろうよ。分け前をちょうだいよ!」と言っているのではないか?
などと頭の中に妄想が湧いてきた。いかん、いかん。

そのうちに、そのおばさんは去って行った。店の女将は苦笑いをしているような気がする。外国人からのボッタクリ作戦は不成立かな?!(疑心暗鬼は精神上良くないな、リゾートに癒しで来ているのに。)

その時、ドイツ人のカロリーナさんが前を通りかかった。彼女も同じ物を注文する。
彼女の話しでは、入り江に掛かっている橋を渡るとマーケット(市場)があり色々と売っているとのこと。
私もそこに行って見たくなった。

結局、フォーボーは茶付きで一人30000ドンだった。味は上等だった。

カロリーナさんとはそこで別れて私は市場に向かう。

↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: