http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年9月27日土曜日

町を探索/フーコック島


ホテルから歩いて10分くらいでユーンドン町の中心街に着く。

島では時折バイクが走る程度で圧倒的に交通量はすくない。ホーチミン市とはえらい違いだ。のんびりと散歩するなんて日本に居た時しかできてないからね。ホーチミン市ではとても出来ない。この差は大きい。

町の中心街の交差点を右に曲がってしばらく歩くと学校らしい建物の前に来た。
小さい入り口の近くに女子生徒がいたので声をかけると笑顔が返ってきた。これがベトナムの魅力だ。

見知らぬ外国人のおっさんでも変な顔もしないで自然に笑顔ができるのがすばらしい。これがだんだん年齢が上に行くとそうでもないのだが。

2人の女子は13歳だった。
一応簡単な自己紹介をして名前を聞いたが今では忘れてしまった。ごめんんさい。

分かってはいたが日本語は勉強しているかと聞くが答えはNO。英語を勉強しているらしい。

その2人の生徒は勝手口のような入り口で門の開け閉めをしていた。
私のベトナム語では話題も限られるのでお別れをする。

すぐ隣に昔の学校だったような古い建物があった。漢越語か中国語分からないが漢字で”富国学校”とある。

ふと、富国:フーコック(ベトナム語発音では:フー オ)の関連性を想像する。Phú Quốc:富国
どなたか賢者の方教えていただけると嬉しいです。

その建物では奥の方で子どもの保育が行われているようでした。

 町を散策していると、写真のような子ども達に出会いました。どこかの施設の中の大きな木の上に登って果物を採ってました。どこでも子どもは良い笑顔です。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: