http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年9月28日日曜日

灯台と祠/フーコック島



湾を展望できる高い所に小さな灯台があったので登ってみる。
そこには海の安全を守るためだろうか、小さな神社が奉ってあった。


漢字が柱にあったので、中国が支配している時代に造ったのだろうと勝手に想像する。漢越語かな。

この町には古い建物には所々漢字名が表記してあるのが印象的だ。歴史を感じさせる。ベトナム語がもっとできるようになればこの島の歴史も調べてみたいなとふと思うが、いつのことやら。


湾から戻る道沿いでこの島特産の真珠のお土産屋があったので覗いてみる。
買う気は殆どないのだが、ベトナム語の実践練習も兼ねて色々と値段交渉をしてみる。


しかし、日頃に真珠製品などに縁がないので、高いのか安いのかが分からない。頭の中で比較ができないのだ。ただ店の女将が言う値段を「高い!」と言って、もっと負けて!繰り返すだけだ。

しかし、素人目で見ても昔日本で見たようなパールの輝きには劣るような気がするのは私の思い込みかな。

女将が言うには、「これがHCMに行ったら何倍にもなってる」と言う。そうかも知れない。その位の物価の差はあるだろう。




↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: