http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年10月11日土曜日

カフェで4時間以上も!

 昨日の事ですが、いつものカフェに行きました。午後の3時頃だったでしょうか。

いつもの二階の手前の席が空いてなく、奥の席に座りました。
ベトナム語の宿題の地図を見ながら説明する文を考えます。

教室では充分に理解できていないところを、この店のスタッフに聞きたいと思うのですが、先日は親切に教えてくれた20歳のベトナム人女性スタッフLは今日は席に寄ってきてくれません。

席が悪いのかな?

しばらくして、右斜め前のベトナム人が妙に気になり出しました。残念ながら、美人ではありません。男性です。

一見、日本で言うと自営業か中小業者のオヤジ風です。
私が来た時には居ましたから、それからも独りで何をすることもなくお茶だけ飲んでいます。

夕方6時頃になって雨が降ってきました。
私は暇なので、雨が止むまでカフェに居ようと、勉強は止めて、中島みゆきをipodで聴き始めました。

最近聴いていなかった中島みゆき。
同じ曲を何回聴いても、その時、場所で詩の意味の受けとめが変わりますね。

ところが先ほどのオヤジさん、まだいます。
もう7時になろうとしています。

誰かを待っている風でもなく、ただ時間をつぶしている感じです。
家に帰りたくないことでもあるのでしょうか?借金取りが待っている。奥さんが恐い。資金繰りに行き詰まった・・・(日本ではあるまいし)等々、私は妄想するのでした。

結局、私は雨も止んだので7時過ぎにそのカフェを出て食事に向かいましたが、そのオヤジさんはまだねばってました。

今までベトナム人男性のカフェでのスタイルは、数人でしゃべりながら時間をつぶすというのは見てきましたが、今回のような例は珍しいのです。

ま、一方で私はいつも独りで毎日のように来てるので、これはこれで変な外国人だと思われているでしょうがね。


2 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

数時間居られる自分の場所があるというのはいいですよ。カフェのスタッフと仲良くなればベトナム語も教えてもらえそうだし。

nihonngoyaroo さんのコメント...

ええ、そうなんです。
いままでに、一人は日本語を習いたいと言ってきたし、最近はベトナム語を教えてくれるスタッフもいるし。

それと、曲がりなりにも冷房があるので、無い宿で勉強するより良いんです。

しかも、21000ドン(150円相当)で長時間居られる。