http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年10月18日土曜日

一緒に住みませんか

「一緒に住みませんか」と女性に言われるなんて、一生のうちにそんなにあるもんではない。

それが現実におきてしまった。オー、夢か幻か。

R嬢がホーチミンに帰ってきてから、宿を探しているのはこのブログでも書いているが、今は空港の近くのベトナム人親戚の家にホームステイしているが大学まで遠いので近場で宿を探している。

私も今の宿は環境が良くないので近いうちに引っ越したいと話していたら「一緒に住みません」と言い出すのであった。

え、えー。18歳の女子大生からこんな声をかけられるなんて・・・。現実か。

この会話は大学内の中庭での四日前のことだったと思う。
将軍B嬢もその場に居た。

R嬢は気が早い、一戸建ての物件があれば良いねなどと言いながら、物件情報探しにその場で街に出て行った。

残された私は一人でもの思いに耽っていた。
どうしたもんか・・・。
一緒に住みませんかと言われて断る理由などないだろう。
しかし、もしそうするとしたら解決しなければならない事が多々ある。





↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

5 件のコメント:

fukda さんのコメント...

ルームシェアという意味でしょうか?・・・
この先が楽しみであります!

nihonngoyaroo さんのコメント...

そうですね、でも気持ちは複雑です。
妄想も湧いたりして・・・。

fukuda さんのコメント...

妄想しない方がいかしいですよ~!
自分だったら・・・妄想しまくりです、きっと。(^^;

pista さんのコメント...

自転車の二人乗りあたりから、
「二人の恋物語」がそのうち始まるだろうと
思っていましたが。。。こんなに早く進展が!?
頑張ってください♪(いろんな意味で)

nihonngoyaroo さんのコメント...

pistaさん、「二人の恋物語」は始まらないでしょう。

理由は、そのうちに分かるでしょう。

でも、一緒に住みませんかと言われて悪い気はしないし、嬉しい。
若い時だったら、何を期待しているのだろうなとと余計なことがきになるでしょうが。今はね・・・。

異国の地での2人、いや3人、これからどうなるのでしょう。