http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年10月20日月曜日

急に先生の態度が変わる

 今日のベトナム語の先生の態度は急変という感じだった。
いつもは月曜日の朝はやる気の無い態度見え見えの感じが、今日は笑顔なのである。

ようやく先週の「クラスを変わりたいです」の効果が出たようです。

授業の冒頭に私に質問が飛んできました。

おいおい、いつもは一番最後にどうでも良い様な態度で接していたのに、この変わりよう?!

例文の時でも、いままで韓国の例しか取り上げなかったのに、日本の例を出してきました。

ありありと事務所から注意があったのが見え見えです。

ま、一番出来の悪い私が理解するまで授業してもらえれば他のクラスメイトも助かるかな?

しかし、解りにくい字はそのままです。クセは簡単には直らないでしょう。

今週は様子見としましょう。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

4 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

極端に変わったようですね。
でもまぁ良い方向なのでいいじゃないっすか!
抗議の効果絶大!(^^)v

nihonngoyaroo さんのコメント...

はい、効果ありすぎてとまどっております。
根本的なところは変わらないのでしょうが。

字が分かりにくい、ペースが早すぎるなどはそのままです。

fukuda さんのコメント...

ペースが早いというのは困りものですが、独学でやっている自分としてはペースメーカーになる人が居ることが羨ましいですね。
自分が怠けようと思えば怠けられるのが独学です。実際、最近は「情報収集も勉強のうち」などと理由をつけて、みなさんのブログを読んで楽しんでばかりです。寝る前にちょっと勉強するくらい・・・。(^^;

nihonngoyaroo さんのコメント...

独学は困難が多いだろうと思いますが、それでも勉強されることに敬意を表します。

こちらで勉強していても、今でも「今日は眠たいから休もうか」などと怠け心がおきます。

学習能力を棚に上げて教師の教え方を問題にするのも一種の怠け心ではないかと分析しています。

学習を継続するには刺激が必要ですね。
がんばってください。