http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年10月22日水曜日

先生の笑顔は一日だけ!/やはりクラスを替わります

 今日も先生は開口一番、私に指名!
「先生、急に無理しないでください。理解の遅い私は最後でいいですよ!」と内心思う。

案の定、解答にモタモタしていると、イライラとする気持ちが顔に正直に出ています。(ベトナム人は表情が正直に出ます:良いも悪いも正直)

理解の遅い学習者ではなく理解の早い学習者に合わすのが好きな先生は、私を代表に出来の悪い学習者には怒りが湧いて来るようです。

私は幸か不幸かこのクラスでは一番の年長者です。従って教師も態度には気をつけてるようですが、他の同じように理解の遅い学習者にはガラッと態度が変わります。冷たい!!の一言です。何でこんなことが分からんの!という表情です。そして早口で追い込んできます。学習はますます焦る!!

オー、ここにも怒りの将軍Cが居ました。(怒りの将軍と名づけましょう。)

昨年。日本語学校で教えていたときに、一人のベトナム人女教師ですぐに阿修羅のごとく怒り出すのが居ました。

そこまでひどくはありあせんが、似た様なタイプです。
学習者の出来の悪いのは教師の責任ではなくて学習者が悪いとしか思わないタイプです。

「何でこんなことが分からんの?」というような軽蔑と怒りの顔をされてもねー。

つい、こちらも貴女の教え方が悪いのではないでしょうか?!
と開き直るしか無い。

という訳で、休憩時間に外に出て図書館に行って自習をして時間をつぶしました。そのままクラスには戻りませんでした。

やはり、クラスを変わろうと決意しました。


授業が終った時間に、Bが心配して電話をくれました。
「もう、あの教師の顔を見たくないな。」
「やはり冷たいですね!」

放課後、Bに通訳を頼みながらクラス替えの手続きをしました。Bも一緒に替わってくれるとのこと。嬉しいな、持つべきは友人だ。B掛け替えの無い友人となりました。

金曜日から替わります。いよいよ後が無い・・・。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

6 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

クラス変更は正解でしょう!
ストレス溜めながら授業受けたって良い結果に繋がるとは思えません。
新しいクラスに期待!ですね。(^^)v

nihonngoyaroo さんのコメント...

ご理解、ありがとうございます。
ほんと、そうですね。
なんで外国まで来てストレスを溜めないといけないの?

今日がクラス最後の授業。先生は違います。

これから行ってきます。

非常勤日本語教師 さんのコメント...

ベトナム人は、一生懸命になると早口でまくし立てる習性のようですね。
私のクラスの先生も学習者の理解が遅く、説明に熱が入ったときには早口になりますよ。

私も言いたいことがいっぱいあって、でもベトナム語が見つからないときは知ってる限りのベトナム語を並べ立てて対抗しています。

そういう時は、文法は100%無視です。

nihonngoyaroo さんのコメント...

非常勤日本語講師さん
これから参考にします。

今まで、遠慮していたところがあったようなので
これからはガンガン言おうと思います

ha-nam さんのコメント...

ベトナム人は感情が顔に出やすいですね。
そのお陰で言葉が通じなくても、表情で会話をすることができます。
「これは通じているのかな」「相手が理解しているのかな」「これでいいのかな」ぐらいですけれどね。

nihonngoyaroo さんのコメント...

ほんと、ベトナム人は顔に正直に出ますね。

だから私は意地悪な人は顔に出てると言っています。

その時々の感情が顔に出ますね。

だから先生の「何でこんなことが分からないの」というのも言わなくても顔に表れてるのです。

ま、その時のこちらも「もっと分かるように教えろ」という顔をしてるでしょう。