http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年11月27日木曜日

Bよ、「貴女は物質文明の申し子だ!」


マイケルさんに借りていた本を返そうとしたら、日本のテレビ局が報道作成したビデオがあるので見るか?と言われて観ることになった。

3部構成で一時間半の物だ。
自宅に訪ねて鑑賞する。途中でCDレコーダーがおかしくて先送りなどができなくて、3部構成の物が途中から再度1部から見ないと観れないようになって、お互いに気まずい雰囲気になったりしたが、娘さんのアドバイスでもう一枚のCDで後半を観ることができた。やれやれ。

後でBは、私がレコーダーを触ったので調子がオカシクなったと勘違いしたようですと言っていた。

そういう風に「勘違いが多いのがマイケルさんです!」とBの発言。本の内容もそうだと言いたいらしい。

たしかに、CDレコーダーの調子が悪いので、リモコンらしい物が棚の中にあるようなので、それを見ても良いかと何回もマイケル氏に聞くがOKは出なかった。

マイケル氏は機械に弱い頑固オヤジなのだ。

番組の最後のマイケル氏の人類への警告はBも納得すると言っていたが、只マイケル氏が宇宙体験したことは「勘違いでは無いか?」と厳しい反応だった。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。




このマイケル氏の本を読んでから私はBに「貴女は物質文明の申し子だ!」と冗談で言っていたが、その思いは本気になりそうな気がしてきた。
マイケル氏の説く、今の人類の物質文明偏重への警告はBにはなかなか理解できない様子だ。


しかし、写真のようにマイケル氏は只のお爺さんにしか見えない。

「人間が宇宙旅行すると肉体的にはかなりのダメージがあるらしいが、それがマイケル氏にあるかどうか?」と氏の裸の姿を思い浮かべながらBに話すと、Bは独特の高笑いをするだけだった。(私はそれを馬鹿笑いと言うのだが)


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: