http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年11月23日日曜日

ここは何処だ!?/南の島:旅編


 ただ今、土曜日の夜9時過ぎ。
今私はフーコック島(PQ)のロングビーチ沿いを少し入った所にあるホテル(と言ってもバンガロータイプの安いホテルだ)にいる。
ホーチミン(HCM)を金曜日の早朝5時20分のバスに乗って出発してやっとPQに着いたのが土曜日の夕方3時だった。
途中トラブルもあって到着するのが遅くなってしまった。



HCMからは南行きの長距離バスでラック ヤー(RA ̣CH GIA´)という港町へ行く予定だった。
バスセンターで聞いた時には11時には着くとのことだった。



バスは南に向かってひたすら走る。HCMを出てからは2ヶ月前に南に旅行した時の風景を想いだしながらうつらうつらしていた。
途中からは道路が工事中の所が何カ所も長く続いてデコボコ道路をバスはガタガタと走るのが続いた。
近いうちに立派な道路になるのだろうなどと同乗者Bと話す。

ところが11時を過ぎてもそれらしき所に着きそうも無い。
12時になっても着かない。
「11時に着くと言ったのは聞き間違いだったかな?」
「まさか11時間かかると言ったのではないだろう?」
などと自問自答、Bと話したりしていた。
「ま、ベトナムだから!」

バスは走り出してすぐにテレビの音響がメチャクチャに大きくて「ベトナムはこれだからな!カフェでも同じだ。ベトナム人の耳の構造は何か違うのか?これでは寝不足でも寝れやしないな。」
などと文句をいいながら、それでも早朝3時に起きたのでいつの間にかうつらうつらしていた。

バスは所々で乗客を乗せたり降ろしたりしながらも南に向かって走る。

しかし何時に着くのだろう。船の時間が午後の1時だったから間に合うかな?などと自問自答していた。

途中、何ヶ所かでバスセンターらしき所にバスは止まるのだが詳しい案内も無いので、そこが何処なのかも確認しないままに私たちは乗っていた。
どうせそのうちに着くだろう、船に乗れなければ明日の船に乗ればいいか、急ぐ旅でもないし・・・。
などとのんびりと構えていたのは大間違いだったと後になって分かる。

バスが終点らしき所に着いたのは3時頃だった。
「ラック ヤー?」と乗務員に聞くと何故か態度がおかしい。
「えー?」と同乗のBがチケットを見せると乗務員の顔色が変わった。
しかし、降りろと言うので降りる。

降りたら、セオム達数人に囲まれてしまった。
ここは「ラック ヤーか?」と聞くと「ハーテン」と何回聞いても返事が返ってくる。
え!何、ハーテン?
それはどこだ?ここは何処だ?

私たちはラック ヤーに行くのだ、そしてPQに行くのだと言うと「ここはハーテン」と言う。
事情の分からない私は状況を理解するのに時間がかかった。

持っていた地図でハーテンは何処だ?と聞いても誰も正確に言えない。というよりは船頭が多くて
いったい誰の言うことを聞いたら良いのか分からん。

Bは「こんな人たちの言うことを聞いてはだめです。信用できない。」と言ってどこかへ行ってしまった。

一人のセオムがラックヤーよりもカンボジアよりの地点を地図で指さしているが、その大まかな地図にはハーテンなどという地名は無い。

しかし、状況はようやく理解できた。

ラックヤーは通過していたのだ。

なんで!?などと言っても始まらない・・・。
とにかく通り過ぎて終点のハーテンという町に来たのだということが分かったのバスが着いてから1時間は経過していた。
もう4時過ぎになっていた。

ラックヤーに戻るとしても2~3時間かかるだろう、ハーテンからPQ行きの船は出ているらしいが
今日はもうないとのこと。

もうこの町に宿泊するしかないと判断したが、何処にホテルがあるかも分からない。
しかしあのセオムの連中に聞くのは何か信用できんとBが強く言うので、取りあえずホテルがありそうな方向に向かって歩き出す。

その後を、セオムの兄ちゃんが数人追っかけてくる。
煩いなと思いながらも、情報は欲しいので話しはしてみる。

ホテルまで1万ドンで案内する。ホテルは安い所で10万ドンぐらいだと言うので、とにかくそこまでセオムに乗ることにした。

セオムに乗ってものの数分でホテルに着く。内心1万ドンはボッタクリだ!と思う。
ホテルで値段交渉をすると、ツインの部屋で10万ドンからだとのこと。
部屋を見てからということでツインの部屋を見ると悪くは無いが12万ドンだという。
10万ドンの部屋はダブルベッドで部屋も窓が無くてカビ臭い部屋だった。

Bと相談の結果、できるだけ費用を抑える為にツインの部屋にしようと決める。

セオムの話しではハーテインの港に行くにはセオム代が12万ドンだと言う。高い!マックワ!



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

2週間の旅行でしたか。
ずっと更新がなかったので心配していましたが、元気なようで何よりです。
今回の投稿はまだ初日のようなので、次回からの続きが楽しみです。
自分が行った気分になれる旅の日記って好きなんですよ~。(^^

nihonngoyaroo さんのコメント...

ありがとうございます。
しばらく更新できなくてごめんなさい。

急に旅立ったので、事前更新もできないままでした。