http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年11月5日水曜日

金送ってはダメです!/ある恋(yêu)の物語

 朝の長いメール文を彼はベトナム語のクラスメイトのRにも転送して、翻訳を頼もうとしたが電話は繋がらなかった。

もう一人のクラスメイトのBにはメールの返信をしてから、電話して事情を話した。

「絶対に金送ってはダメですよ!」
「私は考えられません。私はどんなに困っても男に頼みません。」「Rに言ったら、怒りますよ!!」

大丈夫だよ、送らないよ。ま、ここはベトナムだからね。

Rは「大丈夫ですか?」と言う。

何が?

「あまり考え込まないでください。」

うーん、大丈夫だよ。このぐらいで・・・。ありがとう。

Rは心配してくれている。持つべきは友人だ。


夜、朝に翻訳を頼んだベトナム人の友人は「ベトナムの小売りの現場では商品が万引きなどで無くなったら販売員の責任になります。」と彼に言う。

彼は、「信じられない。日本ではあり得ないことだ。」

友人は「ベトナムは働く人は幾らでもいますから・・・。」

うーんと彼は唸るしかなかった。
ふと、本当に困っているのだとしたら・・・という思いが頭をよぎるのであった。

一方で、”金の切れ目が縁の切れ目”という古い諺が脳裏に浮かんで消えた。

「金は送りません」のメールにどう向こうは反応するだろうと彼は気になっていた。

夕方メールが来た。
Không sao.Em cam ơn anh quan trong tinh cam la trên hêt.
Chuc sưc khoe.


最初と最後は少し分かる、「気にしないで」「お元気で」
のような意味だろう。

あれだけ朝方何回も電話をしてきていたのに?気にしないでか。

お元気で、というのはお金が手に入らないならバイバイ!という意味かな?あり得るな。

などと彼は想像していた。それ以上の内容は彼には解読できないし、辞書を引くこともしなかった。(そのうちに分かるからと思うのであった)

その翌日に、ベトナム人の友人に翻訳を頼むと「大丈夫です。お金よりも気持ちが大切ですから。お元気で。」

のような意味らしいと言う。

その友人は「いい人ではないですか」と言う。

彼は、「うーん」と唸るしかなかった。












↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

4 件のコメント:

pista さんのコメント...

すみません。また先を読んでしまいまして。。。(^^;
まだ結論は先だと思ったものですから。。。

私はその女性はいい人ではないと思います。
そして、お金がほしい理由も嘘だと思います。
お金を貸せば(あげれば?)彼女の装飾品に
消えるのが目に見えます!
と、彼にお伝えください☆

nihonngoyaroo さんのコメント...

pistaさん
いえ、貴女の洞察力に脱帽です。
ご忠告は彼に伝わるでしょう。
ま、筋書きがみえみえの三文ドラマにもならない物語ですから。

しかし、この決着をどうするか悩んでます。
1:このまま彼は彼女と連絡をしないようにする。
2:決着をつけるために彼は彼女に会いに行く。
pistaさんならどう展開しますか。
いや彼にどうアドバイスしますか?

もしよろしければご意見を拝聴したいです。

fukuda さんのコメント...

自分もpistaさんの意見に賛成です。
同感です。
ですが・・・、小額を入金してみたら・・・?とか考えてしまいました。彼が生活に支障が出ない範囲でのごく小額を。
彼にしてみれば送金したという若干の満足感が得られるのではないか?その後の彼女の行動も思わぬ方向にいくのではないか?
ドツボにはまることも考えられます。

nihonngoyaroo さんのコメント...

fukuda さん
少し送ってみたらというパターンもあったなと思ったりもしますが・・・。

何らかの形で決着はつけないといけないでしょうね。
物語をどう終らせるか。思案中です。