http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2008年12月25日木曜日

ホーチミンのクリスマスイブ

(上の写真はチャービンのである)
昨日は24日、日本だとクリスマスで大騒ぎだと思うが、ホーチミンのクリスマスは初めての体験で様子が分からない。

でも、その前日23日のベンタンマーッケット前はバイクでナイトマーケットに買い物にくるベトナム人で身動きできないほどだった。

R嬢曰く「ベトナム人は虫です!」その心は明かりに寄って来るから。

それを実感した。

24日は、ダラットへ一緒に行ったベトナム人の家に遊びに行く予定で、一人の元日本語学生といつも通っているカフェの近くの交差点で待ち合わせた。

しかし20分まっても来ないので、電話したら「もうすぐ行きます」とのことだった。このベトナム人女性は前にも30分は待たされたので、またか!と近くのショップでドリンクを飲みながら店の前で椅子に座って待つことにした。

結局、待てど暮らせどそれから30分以上も来ない。
私の座っている所は通りに面しているので通れば分かると思っていた。

約束の時間よりも1時間も経ってから電話が入る。
「私交差点で待っています」

え!と行ってみると、バイクに乗っているではないか。
顔を見た途端に「私、ここで30分待っていました」と言うのである。

えー!電話しろよ!ぼけーと待たないで。

こっちは1時間も待ったぞ!
内心、その30分は無駄な待ち時間だと思うが・・・。

なんとも間の抜けた待ち合わせだった!
ちなみにその女性はダラットで私のカメラのデータを消した張本人だ!

通りの写真はその待っていた時のものです。
それからバイクに乗って1区の隣の区まで行くのであるが、普段よりはバイクや車が多かった。

途中に工事中の通りがあったが、バスとバイクで大渋滞だった。(「クリスマスなどに出かけるものではないな」が実感)
(上のは綿菓子を買うR嬢の後ろ姿だ、当分会えないので記念に。ちなみに綿菓子を欲しがるRはまだ18歳なのだ、若い!いやまだ子どもか?)
普通だと30分くらいで行けるのに50分以上かかった。

遊びに行った家は兄弟3人が一緒に生活してるのだが、夜の食事はカレー味の山羊肉料理で美味だった。

しかし、日本のようにケーキなどが出ることはなかった。

そういえば、日本のようにケーキを持って走るバイクなどは見かけないので、ケーキ屋には飾ってはあるが山のように積んでる様子もない。

ただ、その夜はサッカーの試合をテレビでやっているらしくて、住宅中から時々「ウオー!」という歓声が聞こえてきた。

ベトナムではクリスマスよりもサッカーだ!

夜のイルミネーションも家電店やホテルなどは飾っているが、普通の家では何もない。

とにかく、ホーチミンのクリスマスは通りを走る異常なバイクの多さに驚くばかりだった。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: