http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年1月2日金曜日

謹賀新年2009年

謹賀新年
ベトナムで新年を初めて迎えました。本年も健康に生きられること、世界が平和に向かって進むことを願います。

1月1日の昼には、ダラットへ行った仲間がその時のベトナム人の友人宅へ集まりました。家は1区の隣の区です。

その友人宅で美味しいベトナム料理をいただき、ダラットでの楽しい出来事などを話して時間は過ぎていきました。

ダラットで私のカメラのデーターが消えた話題も出しました。
みんなは「忘れる!と言ったではないですか!」と言います。
でもね、そう簡単に忘れられません!
ま、笑い話でいいではないですか!

その夜も遅く来たベトナム人と一緒に私は図々しく夕食をいただきました。
その後、近くを流れるサイゴン川の川縁のカフェでゆったりとした流れを見ながらココナッツジュースを飲みながら語り合いました。

私は宿に帰っても、家主は帰省中だし自転車で一時間はかかるので、また図々しくも一晩泊めてもらう話しになりました。

そのベトナム人の友人の家は、旅行会社が運営している住宅のようで敷地内にはホテルと住宅が併存している。

今住んでいる住宅の建物は古くなっているので近く立て替えの計画があり、3月末には引っ越しをしなければならないということです。(それも年末に突然、会社側から通告されたらしい)

古いとはいえ3LKの部屋で、家賃はベトナム人の初任給に相当するくらいです。兄弟3人が一緒に住み、他に2人ホームステイをしてるのです。

その住宅に、一晩お世話になるということで「こういう新年も面白いな」と内心思いながら、その住宅団地の門をくぐると門番らしきベトナム人が何かしゃべりました。????

そしたら、急に連れの2人のベトナム人友人が「大変です!パスポートを持って来ましたか?」と聞くのです。

幸い来る直前にVIZAの更新ができて途中でパスポートを取りに行ったので携帯していました。

「え、何で?」
「外国人が泊まるならパスポートを出すように言われました!」「あの人はうるさい厳しい人です」

その後、パスポートを見せにその門番のベトナム人の所に行くと、2人で居て一人のスーツ姿のベトナム人がHAPPY  NEW YEAR!と言うので同じ言葉とベトナム語の挨拶Chúc mưng năm mớiを返しました。一瞬、お!ベトナム語ができるのか?という態度でした。

パスポートは預けました。

これでOKと安心して、一人のベトナム人友人を見送り敷地内の園庭を散歩していたら、友人の携帯電話が鳴りました。

大変です!
またかよ!今度は何だ??

「今の住宅では、外国人は泊まれないと言っています。」

え! さっきは何も言ってないのに?
急に、どうしてそうなるの?

時計を見ると、夜の10時過ぎだ!

「どうしますか?」とベトナム人の友人が言うが、それはこっちの台詞だろう!!(さすがにムカッとする)

外国人にはどうしたらよいか分からないよ!!

仕方ない、夜も遅くて自転車で帰るには多少不安もあるが、帰るしかないだろうと身支度を始める。

その友人は、その間に兄弟2人でさっきの門番のベトナム人に交渉に行ったらしい・・・。

でも、ダメでしたと帰ってきた。
(おそらく門番の気まぐれだろう。さっきは他の会社の人間がいたからかどうか分からんが、お金が欲しいのかも?
でもそこまでする気も起きないし。)

・・・これがベトナムだよ!!(内心思う)

(昨年、外国人とベトナム人が一緒にホテルに泊まったりはできないと聞いていたが、普通の家はどうなんだろう?でもホームステイは届けをすればOKなのに?
外国人がベトナム人の家に客として来る場合もあるだろう。

ここは旅行会社が運営していて、敷地内にホテルがあるのでホテルに泊まれということなのかも知れない。)

今さら、こんな意地悪な仕打ちをされて泊まれるかい!!!

と内心思いながら帰途についた。

実は、自転車で来たのは初めてで当然帰るのも初めて。しかも夜道である・・・。

不安を感じながら夜道を走った。
しかし、1月1日の深夜のホーチミン市内の道路は昼間ほどのバイクの多さはなくて走りやすい。

帰りの道路も一方通行などがあり、初めて走る道もあるがなんとか1区までたどりついた。

しかし、1区内で方向が分からなくなり、交差点で暗い明かりの中で地図を私は見ていた。
そこに若いベトナム人のカップルが一度通り過ぎてまた戻り私に「どうしましたか?」とやさしく声を掛けてくれた。

地図を見ながら
「ここは何処ですか Chỗ này là chỗ nào ?」
「ここですよở đây!」

「私はここへ行きたいのですが.Tôi muốn đi ở đây」
「じゃ、この道を行ったらいいです Đi thẳng đi」
「これを真っすぐですねĐi thẳng 。ありがとうCảm ơn.」

その若いベトナム人のカップルに感謝です。

2009年の元旦、ハプニングがありましたが結果的に親切なベトナム人に出会えて嬉しかった。

おかげで心豊かに帰宅できました。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

コンビ二 さんのコメント...

こんにちは。
なんだかんだ言ってもベトナム語 うまくなっているような感じですね。
語学ではなく、パントマイムが上達してチャプリン並み???おっと これは、冗談です(笑)。

本年もよろしくお願いします。

nihonngoyaroo さんのコメント...

コンビニさん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。
いえいえまだまだです。(これは日本語を学習する学生の常套句)
はい、自分で言うのもなんですがコミニュケーション能力は言葉だけではないですね。相手に伝われば良いのですから・・・。

などと言いながら今年も始まりました。