http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年2月11日水曜日

ダラットで会った元気な日本人!

 テト休暇でダラットへ行っているときに、ダラット市場の中をウロウロしていたら日本語で「日本人ですか」と声をかけられた。

 久しぶりの日本語に驚いて振り返ると、同世代風の男性がニコニコと立っていた。

 一緒にカフェで話した。
ベトナムを約二週間一人旅をしているとのことだった。ホテルは予約をしないで来たがテトの期間はダラットも市内の中心街はどこも満室で、郊外のホテルしか取れなかったとの話だった。

それにしても、元気な方だと感心した。
聞くと、私と同世代だった。
しばし昔話もしたりで懐かしかった。

その方は、私と違って一度転職はされたらしいが順調に定年まで会社員を全うされた、企業戦士だ。

まさに日本の戦後と共にひたすら働いてきた典型的なサラリーマンだったのではないかと思う。

それが、これからの人生を考えたときに、海外を一人で旅してみようと思い立ち、その手始めがベトナムだったのである。

多感な青春時代をベトナム戦争反対運動の盛んな当時の日本で生きた世代である。

多くを語る時間はなかったが、何か共感するものを感じた。

その後、その男性(Yさんとしよう)はムイネやホイアン、フエまで行き、ホーチミン市に帰るとのことだった。

そして、今週の月曜日にホーチミン市に帰られて連絡があったので夕食を共にした。
その夜には帰国されるとのことで、短時間の出会いだったが、元気そうでなによりだった。

宿泊先のミニホテルで、同じように一人旅をしている男性にも会った。この方も元気そうだった。やはり同世代風だった。

健康だったら、どこへでも行ける!というのが実感だった。

Yさんは、ベトナムの食事は美味しいので食べ過ぎて体重が増えたと笑っておられた。

食事後、慌ただしくタクシーで空港まで行かれたが、無事に帰られたと思う。

ヘンガップライ!




↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

りえ さんのコメント...

本当に元気なおじさんですね!!!
なんだかいいですね。
体重が増えたなんて、いいことだわ(*^_^*)☆

nihongoyaroo さんのコメント...

がははは!
我田引水とはこのことなり。(笑い)

ところで、リエさんのブログ、何回チャレンジしてもコメントできません。エラーになります。

コメント見ていますか。たまにもは返事コメント書いてね。