http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年2月18日水曜日

一緒に授業を受けてもいいですか?/授業3日目

 今日は一番ハードな一日となりそうな日である。
朝の9時20分から夕方の6時までの長い一日になる。

よしがんばるぞと気合いを入れて少し早く教室の前に行くと、まだ前の授業が終わってないようだ。

しばらくしてから行ってもまだ終わってない。
時計を見ると、もう私の担当の授業の始まりの時間ではないか。
どうなってるのかね?

前のクラスの先生、一生懸命なのか時間に無頓着なのか知らないが、予定時間オーバーして終わっても教室を出る時は私の存在など無関心でさっさと行かれました。ベトナムですな〜!

ま、そんなことに構っては居られません。
こちらは体力勝負の一日が始まります。

6コマの授業を終わり、7コマから9コマまで連続の授業が始まる前に突然「一緒にジュギョウを受けてもいいですか?」と2人の女子学生が目の前で言っているのであるが、私には一瞬意味不明だった。私にはベトナム人学生に見えて、他のクラスの学生なのかと思った。

聞き直すと、その2人は日本人の女子学生でホーチミン市へ旅行に来ているとのこと。
この大学で勉強している女子学生に観光案内をして貰っていたらしい。今夜、関西に帰るのだが女子学生と一緒に授業を受けてもいいですか?と言うことだったのである。

突然のことだったが、私に断る理由はない。
今日は作文の授業だが最初の時間でもあるし、自己紹介がテーマだから自己紹介をして貰いますよということでOKする。

授業ではベトナム人学生と同じように自己紹介文を書いて、自己紹介をして貰った。
せっかくだから、質問もベトナム人学生からして貰う。
同じ大学生同士であるので、日本の音楽や漫画、小説など若い世代の話題に盛り上がっていた。

最後に、2人にベトナム人に言うことは無いかと聞くと、商品を買う時の外国人価格について「ぼったくりではないか?」と学生たちに言っていたが、ベトナム人学生の反応は今ひとつだった。まだ外国人の気持ちが理解できていない。

突然の飛び入りだったが、学生たちには刺激になったのではないでしょうか。
という訳で、ばたばたで終わった一日でした。

明日は休みだ、寝ようと〜!

↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: