http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年2月21日土曜日

やっぱり、暑いわ。

 内容はともかく、一週間の授業が終わりました。
今日は特に暑かった。
最近、日に日に暑く感じるホーチミン市です。

午後の4時過ぎに、まだまだ炎天下の1区の商店でサツマイモを甘く煮た物(商品名は忘れました)を1キロとトウモロコシ2本買ったら30000ドン出してもおツリが来ない、私の計算では2000ドンのおツリがあるはずだが。

あらためて、各々の値段を確認しだしたら担当のオジさんは何か言っているが分からない。
そしたら他の店員がよって来て「どうしたのか?」という感じになった。

どうも、サツマイモが1キロを少しオーバーしているらしい。
しかし、私にはそんなことは説明が無いから分からないのである。
私は1キロ欲しいと言っただけであると強調する。
オーバーしているなら、そのことを貴方は言わなければならないと語彙少ないベトナム語と身振り手振りで言う。

そうしたら、2000ドンを返して来て、1キロに計り直してオーバー分を取ってちょうど1キロにして渡すのである。

相変わらずサービス精神の足りない、いや無いベトナムの商売人根性だ。

頭に来た訳ではないが、この炎天下に買い物に来ているのである。いい加減にしてほしい。
前に来たときにも同じような感じでその時には確認しないままに、ボッタクラレタのでは?と思ったのである。
そのことが根に有って今回の言動になったのである。

外国人は常日頃、ボッタクラレているのでは?という被害者意識があるからこうなるのである。
外国人価格の二重価格の習慣は改めてほしいと思うのは私だけではないだろう。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

3 件のコメント:

りえ さんのコメント...

 ベトナムに行ってみたい!!!と、よく思うのですが、ブログを読ませてもらうたびに考え直してしまいます^^;

nihongoyaroo さんのコメント...

でもね、来て見ないと良さも欠点も分かりませんね。
それでも、この国に住む外国人が居るということは良さが欠点を凌いでいるのでしょう。
ぜひ、御訪越あれ。

りえ さんのコメント...

はい、ぜひ行ってみたいと思います★