http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年2月4日水曜日

Da Latの年末風景



 ベトナムのテトはどういうのだろうと興味も湧いてくるのだが、一方でベトナム国内の外国人には大変だと聞いていたので、結果的にはDa Latダラットへ旅行することになった。

 今回は、12日間の旅だ。旅といっても同じホテルに宿泊する。
28日までは空いているが以後は予約で満室、しかしなんとかしますという返事を頼りに行くことになった。


 ダラットの町は高原なので空気が乾燥しているし、気温も低いので快適だ。ホーチミンなどと比べてバイクが少ないので騒音や排気ガスの影響も少なく空気は奇麗である。

 今回、二回目のダラット訪問だが、ダラットはベトナムの観光地としては洗練されていると思う。


 


上の写真は、ダラット市場の近くで路上でバザーをしている風景である。
真ん中の少女が可愛かったのでカメラを向けると途端に意識してか石のようになった..。
 上の写真は正月向けの飾りの木を展示している所である。
桜や梅の木を展示していたが、生木をばっさり切って置いてるのである。
正月に飾って、その後はどうするのだろう、もったいないことをするなと思ってしまった。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: