http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年3月1日日曜日

引っ越します!

[女子学生] ブログ村キーワード
 引っ越しが決まりました。

 前からこのブログでも書いていたが、今住んでいる環境が大変なので引っ越し先を探していた。
今の大学で日本語を教え始めてから、授業中に学生に「私は宿を探しています」と情報提供を呼びかけたら、一人の女子学生が、今住んでいる宿の部屋が空いていると教えてくれた。

当初聞いた内容では、今ひとつだなと思ったがせっかくの情報提供なので参考の為に見ることにした。

その宿は1区とビンタン区の境の川沿いにあり、私も一度その周辺を宿探しした経験がある。

現地を見たところ、部屋の広さは今の宿と同じである。
日本で言うと学生相手の下宿屋という感じだ。

大学まで案内の為に迎えに来てくれた2人の女子学生は同郷の友人同士らしい。一人は今の大学だが、一人は私がベトナム語を学習している大学の学生だ。
同じく日本語を勉強している。

その部屋を見ながら、大家の代わりに色々と説明してくれる。
エアコンはあります。トイレは共用です。湯沸かし器はありますが壊れています。でも直します。

その宿は川の近くなのが少し気になる。というのは川はどぶ川もいいところで少し異臭がするのである。難点と言えばこれだなと思う。

周辺の環境は今住んでいる所よりは静かだろうと思う。

部屋の同じ階の向かいに案内してくれた学生たちは一部屋に3人で住んでいるらしい。

エアコンを使うと電気代分で家賃が上がるとのこと。それは良いですよ。でも、今の宿のように最上階で屋根が焼けて暑くなることはないので夜は涼しいようだ。

ふと、洗濯はどうしているのか聞くと、学生たちは自分で手で洗っているらしい。
私には大変だと、今の宿のように大家の洗濯機があれば貸してもらえないか聞くように頼む。

食事も、大家さんが1食1万ドンで作ってくださるとのこと。
どんな食事か興味がわき、ちょうど昼前になったので私も試食したいと図々しく頼む。

台所に行くと、流し台はベトナムではまだ珍しい日本と同じような流し台が置いてある。
テーブルに食事は作り置きしてあり、一緒にいただく。
大家さんは、卵焼きを追加で作ってくれた。

先ほど、話していたことを学生が大家に話している。
洗濯の話もしたようだが、大家がどう言ったか分からないが、私に「洗濯は私たちがします。いいですか?」というのである。

え!!そんなもったいない。気持ちは有り難いが、それはできません。再度、大家に交渉を頼む。そしたら、OK、ただし洗剤は自分で買うようにとのこと、当然です。

しかし、学生たちの気持ちに感激!!内心、ここに住んでも良いなと思うのであった。

という訳で、食事もいただき、当初の思いとは違い心の中では、他にも探せば良い条件の所はあるかもしれないが、これも縁かなとここに住んでもいいかなと思っているのである。

食後、学生はここに住むならいつ引っ越しますか、早い方がいいですよ。と大家のような口ぶりで言う。
内心、どうもここは女子学生だけが住んでいるようだが、そこに私が住んでもいいのだろうか?ここは女の館?と他愛も無いことを思う。

という訳で、宿探しは初回の物件で1日にして陥落。

来週の金曜日が私も学生も休みなので、引っ越しは学生たちが手伝ってくれるので甘えることにした。
教師の役得かな。学生に感謝。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

良かったですねぇ!
学校といい、下宿といい
ますます若返りの環境ですね。

nihongoyaroo さんのコメント...

やー、お久しぶりです。
ほんと、周りは若者ばかり、しかも女性が多い!!