http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年3月12日木曜日

朝ご飯を一緒に食べませんか。

「朝ご飯を一緒に食べませんか。」
と言う女子学生の声で、今朝の二度寝は起こされた。

ドアを開けると、2人のベトナム人女子学生が微笑みを浮かべて立っていた。

これが、今日の私の始まりである。
何と幸せなことか。

上記の会話は、日本語である。
2人の女子学生は日本語科の学生だから、日本語を話す。


引っ越してから明日は1週間目。
ようやく慣れて来始めました。
前の宿が大変だったので、今の宿は快適に感じる。

家は新しい、部屋の大きさは同じだが清潔感がある、昼に暑くならない、近所はうるさくない。

ただ、夜は蚊が少し出るのが難点だが、前の宿も出たので、始終蚊帳を吊っていた。
新しい宿は蚊帳は無いので窓を閉めて寝ても暑さは苦にならない。暑い時はエアコンを使う。

前の宿と決定的に違うのは、同じ屋根の下に下宿をしている仲間がいること。
私の部屋の隣に、女子学生が3人いる。私が教えてる大学の学生が2人と他の大学の学生が一人だ。
この3人とは親切にしていただき、助かっている。
そういう点では、前の宿とは違い孤独感を感じるのは少ない。

という訳で、快適と言って良い環境で新しい生活が始まった。

新しい宿の場所は、1区とビンタン区の区境にある川の近くである。
ただこの川が、ホーチミン市の川なので奇麗では無い。
時に異臭がする時があるような川だ。残念ながら。

1区とは川を隔てただけで、こんなにも違うのかと思えるような雰囲気がある。
宿の近所は、下町の雰囲気が漂っている。

でも、今の宿は決して広くは無いが、4階建てで周辺では高い方である。夜、屋上から1区の方向を眺める夜景は絶景である。夕涼みには快適である。
前の宿の環境では考えられないことなので気に入っている。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

3 件のコメント:

りえ さんのコメント...

 ベトナムの若者は本当に親切?おもいやり?やさしい?ですね。平気でうそをついたりする人がいるとは信じられないですねぇ?

コンビ二 さんのコメント...

おはようございます。   さしたるトラブルもなく引っ越し完了おめでとうございます。   また時間のあるときにでも周りの風景の写真をお願いします。

nihongoyaroo さんのコメント...

ええ!ベトナムの若者はいいですね。
純朴!と言う、日本語にあっても日本では使用する場面が
最近では無いのではと思ったりします。

何はともあれ、その若者と一緒に生活ができることは、感激です。