http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年5月14日木曜日

家主とのネット接続トラブルその後

 家主との冷たい関係は継続中。
前はうるさいほど色々と話しかけてきたのが、例のネット接続のことで文句を言って来てから、バタッと静かになった。

それはそれで、静かでいいのだが、学生たちは気になるらしい。
日常の細かなことで、色々と冷たい態度を家主は示しているらしい。

学生によると家主の言い分は、当初はokしたものの常時接続の料金負担に関して、家主は自分の負担割合が不満らしい。
常時接続料金28万ドンの内の10万ドンを家主負担で、残りは私と学生で負担する。
今までも10万ドンを払っていたので良いだろうと思い提案したのだ、後になって不満だと言い出したのだ。

家主の腹の内はよく分からないが、常時接続で新たに電気代がかかることにも不満なのかもしれない。

学生は、家主との関係を気にして、10万ドンを5万ドンにしようかと言っている。

やっぱり、家主はそれが目的で未だに黙り作戦を展開しているのだろうか?

ベトナム人の気持ちは分からない。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

りえ さんのコメント...

なかなかやりますねぇ、家主さん。
でも、若い子たちはいい話ばっかり聞くのに、そんな子たちが、家主さんや、お話に出てくるような大人になるなんて、本当に信じられません!!!

nihongoyaroo さんのコメント...

そうですね。実は家主のような性分は(一筋縄ではいかない)若いベトナム人学生も持っているのかもしれません。

年とともにそれが磨かれていくのではないでしょうか。
ベトナム人はしたたか!老も若きも!