http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年5月19日火曜日

作文から見えるベトナムの若者の堅実さ!

[日本語] ブログ村キーワード 
「私の夢」というテーマで学生に作文を書かせてみると、思ったよりは学生たちは堅実に物事を考えているということである。

日本語を学ぶ学生たちなので、卒業したら給料の高い日本の会社で働きたいと言うのが多い。ただ給料が高ければ良いのか?と皮肉りたくもなるのだが……。

作文から伝わって来るのは意外にも堅実な考え方である。
もちろん、給料が高いからというのは魅力らしい。
しかし、その基本には子ども時代に漫画を読んで日本の文化や習慣に興味をもったから日本語を学んでいるというケースが多い。

ベトナムの若者に、子ども時代に日本の漫画やアニメが大きく影響を与えていることが分かる。

その漫画を通して日本に憧れて、日本語を学び、そして日本企業で働きたいというのが典型的なパターンである。

そんなに日本の企業で受け入れできる皿があるのだろうかと心配になるのだが……。
多くの学生は日本企業で働きたいという。

中には、日本に留学したいとか文化を研究に行きたいというのもある。

ただ、日本企業に勤めて自分の力を試してみたいとかというような日本の若者が言うような(これは大昔の話で今は違うかも)言葉は聞こえて来ない。

むしろ、お金が貯まったら、会社を辞めて次の夢を実現させたいというようなのが多い。割り切っているのである。

日本文化にも興味はあるし、日本にも行ってみたいが、日本の企業で働くのはあくまで夢を実現する為の手段なのである。

一方で、日本人は仕事に厳しいと感じているようである。
それはすでに日本企業で働いている先輩ベトナム人の情報から知っているらしい。

また、女子学生に「日本人と結婚する気は?」と問うと「日本人は気難しいから……。」と答えが返ってくる。(笑)
これも彼女らの認識なのである。

遅刻が多い学生たちにその都度注意をしてるのだが…、なかなかなおらない。時にはクラスの半数以上が遅刻する。
注意してる私を「気難しい!」ぐらいしか思っていないのだろうかと時折空しい気もする。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

0 件のコメント: