http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年5月23日土曜日

演劇フェステバル


 大学では、「踊り」演劇?の科目があるようで、学生たちが教室や廊下で練習しているのを見かけた。

宿の学生の一人がその演劇の練習をしていて、その練習の発表の日が昨日の夜だということで、雨の中を宿の学生たちと一緒に出かけた。

大学に着くと、会場はもう満員の状況だった。
日本語学課の学生も衣装に着替えて化粧していた。
「先生どう?」と聞かれて「おー!可愛い!」を連発。
すると、学生たちは「可愛く無い!」と返してきたりする。結構シビアな反応だ。

発表が始まる。
学生たちは日頃の練習の成果をここぞとばかりに表現する。
劇あり、踊りあり、歌ありで豪華で面白い。

日本語課の学生のミュージカル風の発表はテンポよく展開されて面白かった。日本語の勉強では見れない学生の一面を見て感心した。それまでの中では一番良い!が私の評価だった。


しかし、それで終わらなかった。その後も続々と発表はあり、午後10時になっても終わらない…。

宿の学生は、帰りましょうと呼びに来てくれたのでバイクで帰る。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

0 件のコメント: