http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年5月24日日曜日

「本当の幸せとは何ですか」/作文

 タイトルのようなテーマで作文を学生に書かせた。
いま、それを添削中……。
120名もの学生の作文を一人で添削する作業は至難なり。

日頃、日本語を勉強する目的は「日本企業で働くことです」と言う学生が多いから、「お金」が大切ですと書く学生は多いか?

と気になっていたが、意外や意外に、そういうことを書く学生はいない。

幸せは日常のなかにある。親と一緒に生活できることが幸せ。健康が大切。命や健康はお金では買えない。
と至極まともな内容の作文がほとんどなのに驚く。

中には、子ども時代の親の離婚を経験して寂しい思いをしたことを切々と書きながら、両親と一緒に生活できることが何よりも大切で幸せであると書いた学生もいる。身につまされる思いがする。かって我が子に同じような思いをさせた者としては……。

一方で、孤児施設を訪ねた経験から、親の愛を知らない子どものことを書きながら、自分は親がいて幸せだと分かったと書いた学生も多い。

こうして作文をみると、ベトナムの若者の至極まともな考えかたに、逆に忘れていた思いを思い知らされる。

家族の愛を何よりも大切に思い、その愛を周りにも与えることが大切と説く若者たちに敬服するのみである。

つい最近まで、日本では「金があれば愛も買える」と豪語していた若き虚業家がもてはやされた時代があった。

経済が発展して行った時にこの国は、その時に日本と同じような轍を踏むのかどうか、見てみたいものだ。




↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

0 件のコメント: