http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年5月17日日曜日

オープンカフェでのんびり!

 今日は日曜日。朝、いつものように隣の部屋の学生が朝食に誘いの声をかけてくれる。
それを合図に起きだして、近くの屋台へ行く。

いつもはお粥が多いのだが、今日はブンボーという名前の麺を食べる。今日一緒に食べた女子学生は、私を今の宿に紹介してくれた張本人である。

その女子学生は最近日本語が上手になった?のではないかと思われる。昨日、私の会話のクラスの授業でロールプレイを行ったら、一番良い会話をしていた。
数日前には、文法の試験で満点でした!と嬉しそうに言っていた……。

食べながら、こうして毎日会話をしていることが日本語の上達にプラスになっているのだろうか?などと手前味噌に思うのである。

朝食後、近くの川縁のオープンカフェへコーヒーを飲みに行く。
そのカフェは、軒下と歩道に椅子とテーブルを置いただけのオープンカフェである。

カフェデンナム(ホットコーヒー)が1杯5000(30円)ドンという安さだ。私はここの少し濃いベトナムコーヒーを飲むのが好きだ。

来た当初は、この店から川を眺める風景は橋の袂に古い掘建て小屋があったりして良く無かったが、短期間にそれらが取り壊されてしまって今は何もない。

噂ではその川縁を整地して奇麗にするらしい。1年か2年はかかるだろうが…と学生は言っていた。

そのカフェから川を眺めると、対岸は1区になる。1区の川縁は公園になっていて、木が多い。緑がある。殺風景なこちらの景色とは大違いだ。そのうちにこちらも対岸のように木が植えられて緑が増えたらいいななどと思いながらコーヒーを飲む。

そのカフェに17歳の娘がいる。目が合うとニコッとしてくれるのが嬉しい。何回か通ううちに、少し会話をして年も聞いたのだが…。

ベトナム人女性は、このように若い時は愛嬌があって可愛い。
笑顔も自然に微笑む感じが可愛らしい。
でも、これが年をとってくると、その自然な微笑みが消えている。残念だ。

こんな他愛もないことを思いながらゆったりとベトナムコーヒーを飲むのが好きである。

もちろん、そのカフェ、まわりは全てベトナム人だ。ここに来て3ヶ月目に入るが外国人は私一人だ…。

↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

0 件のコメント: