http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年5月13日水曜日

家主とすきま風!ベトナム人の「Xấu quá」

 先に、インタネット常時接続の契約ができて使えることになったことを書いたが、その直後に家主との間でトラブルが起きた。

やっとこさ、ネット接続ができてその快適さを味わったその夜の食事時のことである。
いつものように私と隣の部屋の学生と3人で夕食を食べて居る時に、家主が一人の学生に何か言って来た。
家主の声は、何故か人よりも大きな声で話すのが特徴である。
その大きな声で、何か言っている……。雰囲気からネット接続に関して何か文句を言っているような気がした。

そのうち、その言われている学生がサオワー「Xấu quá」と言って立ち上がった……。

そして、涙ぐんでいるのが見えた。
もう一人の学生に「家主は何を言っている?」と日本語で聞く? 「あとで…。」が返事。

言われていた学生は、しくしくと泣き出した…。


食事後、部屋で学生たちが言うには、「家主はケチです。24時間常時接続することに電気代がかかると文句を言っています。」実は、Wi-FiできるMacのAirMacタイムマシンを見て、私たちがそれを常時接続で電源を入れっぱなしにすることに驚いたらしい。

無知から来る騒動なのだが…。文化の違いと言えばそうだが。
外国人にはインターネットがいかに必要なものかは家主には理解できないだろう。

そういう家主も、パソコン電話で米国の親戚と毎日のように電話をしているのだが…。

実は、今のネット契約は家主が今契約しているプロバイダーの契約を常時接続に変更し直したのである。もちろん、家主も了解のもとである。常時接続で高くなる料金の差額は全部私が払うことにして。

ところがその事にかんしても、今になって不満だと言っているとのこと。

どうも、周りのベトナム人の入れ知恵があったのではないかと勘ぐっているのだが。

とにかく、電気代だ高くなることには敏感に反応する家主の言動の最たるものだ。

ということがあってから、家主は急に大人しくなった。
それまでは、何かにつけては話かけてきたりしていたのが、ばたっと止まった。

学生たちも、家主はおかしいです!と言っている。


↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
日本人の感覚だと、家主は「言い過ぎた、反省!」と大人しくしているのかと思うのだが…。
どっこい、ここはベトナムだ。ベトナム人家主の心の底は分からない。

しかし、私たちと家主の間はすきま風が吹いている。それは今も続いている……。


0 件のコメント: