http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年6月1日月曜日

相変わらず、やる気が伝わってきませんね!

 急にダラット行きを決めた。
相変わらず思いつきの旅だ。

ダラットは過去2回行っているが、いずれもバスで行った。片道10万ドンと安い。

しかし、今回は飛行機で行く。
電話で予約した時に、往復100ドルと聞いて、思わずマックワ!高い!

電話の相手は日本語で「え!そんなこと無いですよ。7年前でも80ドルぐらいでした。」「そうですか」

ドンの生活に慣れてくると、100ドルなどという金額はとても高く感じるこのごろです。
でも、最近の円高のおかげで多少の割安感は感じるが…。

そのチケットを取りに情報誌運営の○○デスクに行く。
ダラット空港に着いてからバスがあるかどうか聞いたら「分かりませんね。あったと言う人もいるし、なかったと言う人もいるし…。」と何とも要領を得ない返事。内心、ベトナム人でもあるまいし、日本人ならもっと正確な情報を提供してよと思う。

「タクシーに乗ればいいですよ。」と気楽に言ってくれる。
おいおい、ダラット空港から市内までどのくらいの距離か知っているのかい。バスでも50分くらいはかかるよ。
タクシー代は高いよ!お姐さん!!

相変わらずの、サービス精神欠如状態のデスク対応です。
前にも感じたのですが、そのやる気の無さはベトナム人とはまた違い、日本人独特のいい加減さのような気がします。

ベトナム人のサービス精神の無さは、サービスということを元々知らないのだから仕方ありません。しかし、日本人なら分かっているはずです。分かった上で、ベトナムだから…的にいい加減な態度を示されると、嫌ですな。(ここは日本人が運営してる所でしょう)
バスがなければタクシーに乗るしかないのは当たり前だろう!

ぶつぶつ内心思いながらやる気の伝わらないデスクを後にしました。

夕方、宿に帰り学生たちにチケットを見せます。
「幾らですか」
「往復100ドル!」
「安い!」
「え!?」
「100ドルだよ」
「ドル!?とても高い!ドンに聞こえました。」

そう、100ドル。宿の一部屋の家賃相当分になります。
高く感じますね…。
私も、ベトナムの低価格生活が身に付いて来たようです。

そして、ダラットのホテルに電話して空港から市内までタクシー代はどのくらいか学生に聞いてもらいます。
約30キロmぐらいで30万ドンぐらいだとのこと。

「30万ドン!マックワ!」

そうだよね。飛行機代が片道50ドルで約80万ドンぐらいでしょう。それに比して30万ドンは高いと感じますね。
上記の○○デスクのお姐さん、気楽にタクシーに乗ればいいですよ!と言ってくれるは。ブツブツ…。

今日はウルサい親父の編でした。



↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

2 件のコメント:

元日本語教師 さんのコメント...

私もそこのカウンターで嫌な思いをしたことがあります。二度と来るもんか!!!と思いましたね。多分、あそこのことでしょう。

日本人が対応して、日本人が満足できるサービスを提供するからこそローカルよりも高い料金でオプショナルツアーとか提供してるんだろうと思い、母が来越した際に利用したんですが、他の日に自分でローカルの旅行会社に言ってガイドを雇ったほうがよっぽどましな対応でした。

やる気もサービス精神も全く備えてない、海外で働きたいだけの若いおねぇちゃんが働いてるだけだなぁという印象ですね。

おばちゃんの愚痴でした。

nihongoyaroo さんのコメント...

そうです。あそこです。某○○デスク。全く同感です。
私だけの文句かと思いましたが、みなさんそうなんですね。
ベトナム人なら、まだ愛嬌がありますが、それもない。
ただ、ホーチミン市でいたいから働く意欲もないのにそこにいるという感じです。
見たくも無い日本人の嫌なところですね…。