http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年6月22日月曜日

カフェで雨が止むまで…娼婦の定点観測


 最近はすっかりぐうたらな生活リズムになってきた。
昼寝が長くなって午後動き出すのは4時ごろだ。

内心、こんな生活で良いのかと心の中で呟く自分がいるのだが、それは働き過ぎの日本人的発想で、このサイゴンでは通用しないと言うもう一人の自分がいる。

そうこの国の風土にはこの国に相応しい生活リズムがあるんだと…。

と言う訳で、今日も夕方の5時過ぎから動き出して近くの市場へ果物を買いに行く。
果物屋も最近は行きつけの店ができて、いつも同じ店で買う様にしている。

マンゴ、ライチ、マンゴスチン、ドラゴンフルーツが今日の買い物だ。ちょと買い過ぎかな?

その帰りにいつものカフェに寄る。
カフェは市場へ行く途中にあるので、行きも帰りも店の前を通るので自然と寄ってしまう。

そのカフェで座っていると、にわかに空が暗くなってきた。
店員は慣れた感じで、さっき伸ばした軒下テントを縮める作業を始めた。
遠くを見ると、1区側の川沿いの大きな木が風にざわざわと揺れているのが分かる。
「雨が降るか?」と聞くと降るとの返事。
道路の向かい側に出していたテーブルと椅子も慣れた手つきで仕舞い始めた。
別に誰かに指示されてやっている訳でもない。
空の雲行きを感じながら自ら行動しているようだ。
もちろんこの店で働いているのは女性たちだ。

唯一この店で男の姿を見かけるが、それはどうも親父のようだ。その親父がしている事は、時々何処からか鶏を出してきて外で籠の中に入れて日光浴らしき事をしているだけである。
店の仕事らしき事は一切していないようだ。

そうこうするうちに雨がザーと降って来た。

ふと、橋の方を見上げると娼婦たちは傘をさして立っている。
傘を差している娼婦を見るのは始めてだ。
”雨が降っても傘を差してお客を待つのか!”と妙に感心してしまった。
その娼婦が今日は多い、5人はいるようだ。

雨が小雨になると娼婦は傘を差していない。その差さない傘を回収しているような行動のバイクの男が居ることに気がついた。ぽん引き?ヒモ?

複数の娼婦の傘を回収しているようなので、娼婦との関係に興味が湧いたが事実は分からない。

どちらにしても、娼婦たちも単独行動では無いようだ。
鵜飼の鵜では無いにしろ、どこかでヒモに繋がっているのだろうと想像したりする。

小一時間、雨が降る中をカフェのテントの中で過ごす。

外もすっかり暗くなり、雨が小休止状態になったので潮時と思い宿に帰る。




↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。見たという印です。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

4 件のコメント:

Yさん さんのコメント...

橋の上の定点観測、情景が目に浮かびます。
その娼婦たちの客は、どういう人でしょうか? 地元の若者、それとも旅行客?
商談成立後はどこに行くのでしょうか?


できれば橋の写真を貼っていただければ。
今後も引き続き観測をお願いします。

nihongoyaroo さんのコメント...

yさん

橋の写真は前にも貼ったので…。
客はベトナム人です。外国人専用だとこの橋ではなく、他の場所にいるでしょう。


はい、今後も定点観測を継続します。乞うご期待。

Yさん さんのコメント...

写真掲載、ありがとうございます。
5月下旬に貼ってありましたね。
お手数かけました。

nihongoyaroo さんのコメント...

写真は毎回貼ってもいいですが、カメラが調子悪くてまだ直せてませんので、新しい写真がどうもね。