http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年7月24日金曜日

橋の下雑感

 橋という物はなかなか興味のつきないものである。
日本では大昔の江戸時代に人々が橋を往来する光景を描いた絵があったのを思い出す。

この私が住んでいるホーチミン市の区の橋も、カフェから眺めていると飽きないものだ。
車やバイクがひっきりなしに行き交う、人々も往来する。

その橋の下を、いろんな船が通過して行く。
果物や野菜、コンクリートの構造物、砂利や土等々を乗せた各種の船が橋の下をスレスレに通る。

しかし、その川はどぶ川と言ってよいような汚れた川だ。ホーチミン市の川はどこもそうだ。
ホーチミン市の環境水準は低い。市民の意識も低い。川に何でも不要な物を平気で捨てているの見かける。

生活水準が上がるとともに川は奇麗になるだろうか?私は逆にますます汚れていくのではないかと思っている。
奇麗になるかどうかは、今後の教育の結果にかかっている。

今後、産業が発展すれば環境汚染も起きるだろう。

今、この橋の周辺の川を奇麗にしようと、川底のヘドロをすくいあげる作業が行われている。

下の写真の船はその為の作業船である。






また、下の重機もその作業に使われている。
よく観察すると、日本語が書いてあるのが見える。日本からの中古の機械の輸入品らしい。


日本では古くなって使われなくても、このホーチミン市ではちゃんと現役で活躍している。

 下の写真は、いつも娼婦が多く立っている側から向かい側を写したものである。
写りは悪いが、2〜3人の人間の足らしきものが見えると思う。娼婦らしき女性が立っている。
少し前まで、向かい側には見かけなかったのだが、何故かこの日は居るのである。
ベトナムも不況の影響が出ているのだろうか?





見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

コンビ二 さんのコメント...

おはようございます。
建機(コマツ・日立建機)は、北米・欧州・ドバイが×になり、アジアで何とか食いつないでいるのが、現状です。 神様・仏様・アジア様では、ないでしょうか。(笑) 
川のきれいさですが、今もなを水俣病の訴訟で揉めている日本は、とても他国のことが言えませんよ。日本を反面教師として政府が早めに対策を立てることを望みますね。

nihongoyaroo さんのコメント...

コンビニさん

今晩は、体調はいかがですか。
こちらで重機、建機は日本からの中古物をよく見かけます。一時期、中国でオリンピック需要があったようですが今は…。
大事に使えば20年以上は使えるでしょうね。

しかし、川、海は汚いです。
川の近くには引っ越すな!が外国人の教訓だそうです。