http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年7月22日水曜日

目の前に動物がいる!

 昼食時の出来ごと、私が食べてる目の前でやはり何かをムシャムシャと食べてるモノがいる。右後ろ足は椅子の上に立て膝をしているようです。


両手で肉をつかみ、せわしなく音を立てて食べている。
時々、ゲッとげっぷをしています。

何とも人間なら品のない、マナーなどソッチノケの食事態度です。
私は目の前で一匹の動物が食事をしているような錯覚に陥りそうだった。
残念ながら、それは人間で家主だ。

最近の宿は、学生たちは夏休みで帰省している者が多いので人が少ない。
食事時も寂しいのです。今回のように私一人で食べることも多い。まだ一人でだったら良いのだが、家主が居ると大変だ。

家主は食べてる時はそれでもしゃべらずにガサツにムシャムシャと食べるだけだが、いざ食べ終わると大きな怒鳴るような声で話しだす。騒音以外の何物でもない。

最近は私の神経はそれに拒否反応を起こしている。これは消化に良くないと思うのだが…。

前は時々話を聞く姿勢を示していた私だが、最近はできるだけ無視をすることにした。
ベトナム語は分かりません…。か、テレビを見ている振りをすることにしている…。

どこかのブログで「人は人相に性格が出る」というようなことを書いてあったが、そうだと思う。

ベトナム人は正直に顔にその時々の気持ちが出ているのが分かる。怒った時には怒った顔、嬉しい時には笑った顔になる…。
当たり前だが、日本人はそこまで正直に顔に出さないような気がする。

口ではうまいこと言っても人を信じていない人間はそれが顔に現れるのである。

その人の顔を見ているだけで心がほっとするような人に時々会うこともあるが、最近は巡り会えないな…。

しかし、目の前の家主は残念ながらその逆である。
神経がイライラしてくる。
毎日の大声の怒鳴り声、特に子どもに対する時の声はそうである。
それが宿中に響き渡るのだから…。

若い時には相当なワルだったのでは…、などと私の妄想は広がるのだが。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: