http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年8月30日日曜日

初撮り!

 以前、カメラが調子悪いと書きましたがネットで修理代金を調べたら1万円近い。それに日本でしか修理できない。
簡単では無いので、日本のネット通販で型遅れの安いカメラを購入して日本に一時帰国している友人に運び屋になってもらいやっと昨日手に入りました。
そのカメラで初撮りの写真を掲載します。夜だからあまり違いも分かりませんが。
上の可愛い娘は隣の部屋に夏休みだけ泊まっている学生です。
Chúng ta đi uống cà phê nhé?
私の誘いに快く(?)のってくれました。嬉しいね。日本ではこんなこと絶対にないでしょう。これがベトナムの良さですね。
因に、この学生は日本語課の学生ですから日本語が話せます。

学生は写真を見て「可愛くない」と言っていましたが、何を言っているのですか可愛いに決まっています。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年8月28日金曜日

サパ(ラオカイ)行き寝台列車

 サパへ行くにはラオカイ駅まで列車で行かなければならない。寝台列車の車両には写真のように(可愛い)車掌が居る。出発前には写真のように車両の入り口で立っているので切符を見せて確認すればいい。
ベトナムの夜の照明は何処も暗い。このハノイ駅も例外ではない。旅行社の担当からもらった切符をたよりに列車番号と車両番号を確認しながら乗る車両を探す。
外の窓から見た寝台車両内だ。中段が私の寝台。
ネット情報では「毛布が臭い」とか載っていたが、そうでもなく普通でした。

動き出したら、昼の疲れもあり朝までトイレに一回起きただけで寝ていました。


朝、外が騒がしくなるまで寝ていて気がついたらラオカイに着いていました。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年8月26日水曜日

SAPA3日目/その2

 トレッキングコースを歩き出して、風景を眺めながらふと私はパレスチナの乾いた暑い空気を思い出した。

このSAPAの小高い丘と同じようなパレスチナの丘の麓を歩いていた時に、突然に前方の道からボンという音と共に煙が立ち上がった。煙爆弾のような物をイスラエル兵が脅しのために爆発させたのである。

その道はパレスチナのある有名な大学に向かう道だったが、途中でイスラエル兵が検問して行く手を阻むのである。

その丘の上には戦車が警戒の為に走っていた。

今、私とイスラエル人夫婦は、そのパレスチナと同じような道を歩いているというようなことを私が思い出していることなど知る由もない。

しかし、そのイスラエル人夫婦は途中で早い段階でリタイヤしてホテルにセオムに乗って帰って行った。

奥さんの方が、ホテルに帰ると言い出したのである。その前に途中のモン族の家でトイレを借りたりしていたがその影響もあるのかな?と思ったのだが…。

のんびり歩くのではなくて、けっこう速い速度で歩くモン族のガイドにもついて行けないと思ったのかも知れない。足もサンダル履きだし。

結局、イスラエル人とはそこで分かれて私とガイドの2人になった。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

サパ3日目

 サパSAPAはダラットDALATと同じような高原の町だと聞いていたが、確かに1500m位の高原に位置する。

しかし、サパSAPAはダラットDALATとはかなり違う。

サパは湿度が高い。ダラットの方が湿度は低くて爽やかな気候なような気がする。

一方でサパSAPAは観光客は外国人が多い。英語圏だけではなく、イタリア語のような声も聞く。ハロン湾など世界遺産の影響なのだろうか。

昨日なんかは、トレッキングコースにイスラエル(ユダヤ人)からの中年の夫婦が参加していた。

私と3人だけの参加者なので、最初その外国人の中年の男性と自己紹介する。

イスラエルから来たと言う。

最初に「イスラエル!?」と反応した。

「私は6年前にエルサレムとパレスチナへ行きました。」の私の言葉に男性の表情は複雑だったような気がする。

それを言っている私の表情もそうだったかも。


パレスチナの平和の為の活動に関わっていた私としては、イスラエルは天敵のようなもんだ。逆もそうだろうが。

だから、イスラエルから来たと言うだけで、私の体からは冷たいオーラが出るのかも知れない。いやこれは冗談だが…。

逆に向こうも、パレスチナへ行ったと聞いただけで、日本人がわざわざパレスチナまで行く理由は想像ができるのだろう。決してSAPAのようにのんびりと観光できる地域ではないから。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年8月25日火曜日

ハロン湾2

[ハロン湾] ブログ村キーワード
 ハロン湾内の小さな島に到着、島の名前は分からないが島の中に鍾乳洞があった。そこを見学する。




上の船が1泊した船である。ハロン湾内にはこのような船が多く居る。

上の写真は夜の光景。

 ハロン湾で船中泊して、翌日の朝その船から小さな船に乗り換えてCA´C BA`カックバーに着いた。

それから車に乗り着いた所が写真の所だが、そこがハロン湾からどのくらいの所なのなどは皆目見当がつかない。


 とにかく島らしいということは分かるのだが。

事務所らしき所でベトナム人に聞いても要領を得ない返事だ。

誰か曰く「ベトナム人は地図の見方も知らん!』?


理由も分からず、そこで11時ごろまで雨が降る中を休憩所らしき所で待っていた。時間の経過を気にしていたらベトナムでは生きて行けない。


11時過ぎに車に乗り換えて走る、着いた所がCA´C BA`カックバーだったが、ここがどんな所かなどとはガイドの説明が分からないので分からない。

しかし、到着したホテルは立派なホテル、ところが私にはガイドが待てと言う。

不安がよぎる、案の定私は隣の古いホテルを案内するのである。

「何だこの差は?」とうとう今回のツアーの不安が的中した。



ベトナム人の「安いです!」の言葉がこういうことだったのだ。

ガイドに何故私は立派なホテルに泊まれないの?と聞くが、言葉の不自由さもあり、予算が違うからとの返事しかない。


何が悲しゅうて、こんな差をつけられるのか!



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

ハロン湾

 ハロンツアーの朝、7時半に迎えがホテルに来る予定が来たのは8時半。(この嫌な時間差が今回のツアーの象徴的なできごとになる)
私はふてくされてホテルのソファーで横になっていた。
ハロン湾のツアーはシンカフェツアーで申し込む予定だったのだが、ベトナム人の友人のベトナム人がハノイに居て、色々とお世話になって、その友人が旅行社をやっているということで、ハロン湾からサパまでのツアーを任せることになった。
その友人は「安い!」というのだが、概算しても自分で手配してもそう変わらない。

逆にツアーに組み込まれるので自由がないのが不満だが、今回はそのベトナム人の友人女性の友人の友人に頼むことになってしまった。

自分で手配するのと違い、細かい具体的な行程も未確認のままのところがあるので不安な気がする。

そんな私の不安とは関係なく、ツアーバスはハノイ市内を走り回りツアー客を乗せて、ハロン湾に向かって走り出した。
バスに乗っている客は欧米系が殆ど、アジア系は私一人だ。

私は、運転席の助手席にガイドと一緒に乗せられた。
全員集合してから、ガイドが「チケット」を出せと言って皆から集めだした。私は「え!そんなモノあるの?無いよ!」
ガイドも「え!?」
「会社に聞いてよ!」

それでもバスは無事に海岸に到着、船に乗り込む。
今夜は船で1泊の予定。
船はハロン湾へ向かって出航。
幻想的な風景が迫ってきます。
海賊映画で見たような風景です。
波は穏やかで船は静かに航海中。
細かいトラブルはともかくも、この風景だけは絶景です。
さすが世界遺産だけの価値はあります。




やがて写真のような船着き場に船は着きます。
正に海賊映画の光景です。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年8月24日月曜日

ハノイ一番のKem

[アイスクリーム] ブログ村キーワード
烏骨鶏の漢方煮を食べた後で、ハノイで一番美味しい行列のできるアイスクリームKem屋へ行った。


バイクの行列というよりは団子状態ができておりました。

ベトナム人は行列はできません。行儀よく順番に並びません。

こちらが行儀良く並んでいようものなら、横から平気で割り込んで来ます。

いつも鳶に油揚をさらわれるような気分になるのですが、ベトナム人同士だとどうしているのでしょう?


写真の状況を見て、何処に並んでどうして買うの?と思うのですが、一人のベトナム人女性は気にする事も無く買いに行きました。

しばらく待っていたら、買いに行った一人の女性がバイクで持ち帰ってきました。

暑いハノイの夜に食べるアイスクリームは特別に美味しかった。


上の写真は、中央銀行前にてKemを食べている女2人です。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年8月23日日曜日

ハノイの夜景

 ハノイの二日目の夜、ホーチミン市のベトナム人の友人の友人にハノイの夜をバイクで案内してもらう。
昼はとても暑いハノイも夜バイクで走っていると涼しい。
しばらく市内を走ると左に広大な敷地に写真のようなライトアップされた施設が見えてきた。これがあの有名なホーチミンさんの眠る所らしい。さすが規模がでっかい。

前の通りも広い。
そのホーチミンさんが眠る施設の正面の向いの通りに下の写真の黄金に輝く物が見えます。何かは分かりませんが、警備の人が立っていて、写真を撮ろうとバイクを止めていたら「停まるな」と注意された。
 真っ暗闇に黄金色に輝いて奇麗ですね。
下の写真はタニシで有名な西湖の夜景です。
湖の湖岸はカップルが多かった。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村