http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年8月1日土曜日

契約寸前!

 日本人の友人M氏とカフェで娼婦の橋の娼婦たちの騒動を見ていると、そのM氏の宿の家主から新たな借家の物件情報が電話あった。

善は急げ、早速その後で学生と一緒に物件を見に行く。
私はまたM氏のバイクに乗せてもらう。

その正面写真がその物件である。今までで一番立派な建物だ。
学生の目の色が変わった。
上がその1階の玄関と台所である。腕組みの女性が家主だ。
キッチンは今までに見た所で最高に奇麗。しかも新しい。

部屋はそんなに広くは無いが新しくて奇麗である。しかも明るい。同じような部屋が上の階にあり、その上にロフト的な屋上スペースがある。

建築物の構造としては今までで一番しっかりしている。
ただ、部屋は実質二部屋だけなのが気になる。

学生たちは新しさと奇麗さに圧倒されて「住みたい!」と叫んでいる。

肝心の賃料は800万ドン。(え!紹介者の話では700万ドンになるとのことだったが…)

帰ってから学生と相談する。昨夜の物件を嫌がった学生もこの物件は良いとの返事。もう一人の学生もOK.
私も、部屋が少ないのは気になるが、台所が使えることに魅力を感じてOK.

ということで、紹介者には再度700万ドンで交渉してもらうように頼み、明日中にできれば契約を済ましたいと電話する。

そして、翌日の今朝、750万ドンならOKとの返事有り、直ぐに学生に家主に電話させて今日中に契約をしたいとその他の条件を聞く。
最初に2000万ドンを用意してほしいとのことだった。ただしそれがどういう計算でそうなるのか学生は聞いてないので分からない。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: