http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年9月29日火曜日

お金がありませんが…コーヒーが飲みたいです。

 昨日の午前中、市場へ買い物へ行き色々と思いつくままに買い、帰り際にドリアンを売っている露店へ寄る。
現金の持ち合わせが少ないので、できるだけ小さい物を買おうとしたが、それでも68000ドン。
手元には60000ドンしか残っていない。それに小銭は4500ドン。

売り子の女性に「もっと小さいのはないか」と聞くが「ない」とのこと。これしかないよとお金を見せると、仕方ないような顔をして結局60000ドンにしてくれた。
毎週のように来ている常連だからね…。

その帰りにいつもの橋の袂のカフェの前を自転車で通る。
市場で気ままに買い物をしてしまい、最後にドリアンの食欲に負けてしまい残金は4500ドンしかない。

そこで店員の少女を呼んで「すみません、お金が足りないけど、私はコーヒーを飲みたいです。明日の朝に払うから勘定を貸して貰えませんか。」という内容を恥を忍んで頼む。

少女は笑顔でOKしてくれました。
カムオン。

それからは、いつものペースでカフェでのったりとコーヒータイムです。

そして今朝、その借りを返しにカフェに行きました。
昨日の少女が笑顔でベトナム語で何か言ったのだが聞き取れませんでした。というよりは、私のベトナム語の知識ではまだまだ難しいのです。覚えている単語が少ないですから。

それでも、私も笑顔でお礼を言いながら勘定したのでした。
毎日来ている常連とはいえ、知らない図々しい外国人に親切にしてくれるこの優しさが嬉しいですね。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: