http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年10月31日土曜日

人(ベトナム人)を信用しないベトナム人

 ベトナム人は家族以外のベトナム人を信用しないと何回も聞いていたが、最近それを身直にかんじる出来ごとがあった。

一つは、最近私は日本語の家庭教師を始めたのだが、その家庭教師を始める前に宿の学生に一応報告しなければと、経緯を話した時のことである。

学生たちは口々に「市場で働いているような、その女性は信用できません。」「危ないです。」「泥棒かも知れません、気をつけてください。」などと言うのである。
要は、自分たちが知らない人間は信用できないということなのである。

それでも、私のことなので、気をつけようということでスタートした。初日の日に、通訳を兼ねて1人の学生に”連絡先、学習目的”などを聞くのに立ち会ってもらったのだが、その日の夕食時に再度上記のような「信用できない」をみんなで連発するのである。1人の学生しか会っていないのに、あたかも自分も会ったような言い分で。「あの顔は信用できません。」まで言うのだからどうしようもない…。

私が感じるに、自分の縄張り以外の領域の人間は決して信用するなという様子である。

野生動物の自分たちの群れ以外の動物は危険であるという防衛本能に近いものを感じるのである。
(一方で、他人をすぐに信用してしまう日本人の方が以上なのかもしれないと思ったりもする。)

しかし、幾らそんなこと言われても、私は私の信ずるところで決めたことなので、家庭教師の方は継続している。
今のところ、何も問題は発生していない。

もう一つは、つい三日前の出来ごとである。
私が毎日通うカフェで、あるベトナム人の男性と会話をする必要性が出てきて、その男性はベトナム人女子学生を1人連れて来たのである。

その男性は私よりは5歳くらい年上だと言っていたが、それはともかく、一応会談が終わって翌日に再度会うことになった。

通訳だと言う女子学生は、実は通訳などは初めての経験で、まだ大学で日本語を勉強している身なのである。
私が大学で日本語を教えているということを知って、逆に日本語のことをあれこれと聞いてくるのである。

もちろん、通訳と言っても、ベトナム語から日本語の翻訳は危なっかしいもので、間違ってもそこは私の想像力でカバーするという状況であった。

それでも、一応その男性との会話は終了して帰途についた。

帰宅してから、一件のメッセージ文が携帯電話で届いた。
内容は「今日初めて会ったベトナム人男性は良い人か悪い人か分からないので、今日話した件は進めない方がいいでしょう。」という内容であった。

私は驚いた。その通訳の女子学生はそのベトナム人男性が頼んだのである。もちろん、二人は初対面だったが。

しかし、私も通訳の学生とは初対面なのである。
一方で、ベトナム人男性とは私は初対面ではない。カフェでよく会う常連である。と言っても、会話をすることはなく只お互いにコーヒーを飲む客だけである。

それが、ある件で、詳しい会話をする必要性が出て来て今回の経緯となったのである。

もちろん、私はその通訳女子学生の助言は無視して話を進めたのである。ことの性格上、大きく騙されることも起きそうも無いので…。

以上の二件の出来ごとに、私はベトナム人の発想の共通性を感じるのです。
「自分の知らない人間は信用できない、信用してはならない。」

この言葉が、親の遺言のように振る舞うのである。

そう言えば、前の宿に入居した時に、学生たちがしきりに、部屋の鍵をするように注意してくれた。同じ屋根の下に住んでいても他の部屋の人間は知らない人だからなのである。
ただ、それには訳もあって、その宿で携帯電話の盗難事件が発生していたらしいのであるが。

このベトナムで生き抜くには、学生たちのような警戒心は必要なのだろう。いつも行く市場で会うからと言って、良く気心も分からないベトナム人女性に日本語を勉強したいと言われて、嬉しくなってホイホイと引き受ける日本人は甘いのかもしれない。
その女性とは、市場で豆腐を売っている女性なのだが、学生に言わすと「市場の人間は信用できない。」となるのであるが。

疑いだしてもきりがないので、自分の感性を信じて行くしか無いと思っている。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月26日月曜日

「無血の平成維新」

 民主党の鳩山内閣の国会表明の「無血の平成維新」という言葉を見て、そうかも知れない、いや是非そうであって欲しいと願う。

一時は、日本はこのまま沈没するのではないかと絶望感を抱いたことがある。

イラクでの日本人人質事件の時の日本政府の冷たい対応に「この国の政府は国民を守らずして何を守ろうと言うのか?」と国の正体を見てしまったことの喪失感!
またその政府の姿勢に呼応するかのようなマスコミや国民の反応に失望感を感じたのは少し前である。

「郵政民営化」掲げた小泉首相(当時)には、当初から何か胡散臭さを感じて好きになれなかったし、民営化したら何が良くなるのか幾ら考えても分からなかった。
その当時に、一緒だった日本語教育養成講座の受講生の若い美女と「小泉嫌い!」で共感して、一緒にお茶したことを思いだす。今、その美女はブラジルで日本語教師として奮闘中である。彼女の「小泉嫌い!」「何か好きになれない」「胡散臭い」と言ったその鋭い感性に脱帽である。彼女には嘘を見抜く感性があったのだと思う。

ところで、鳩山首相の掲げる「友愛」に私は共感、賛同するものです。

何か頼りなげなスローガンだと言う人もいるが、今までの日本の政治や経済活動に一番欠けていたものがこの「友愛」精神ではないかと私は思う。

米国流の市場原理主義を詠う金融業界や労働者をただの労働力としか見ない資本家第一の企業活動にはついて行けない気持ちを抱いていた。
私自身もあるフランチャイズシステムの流通業界で、人生も家庭も健康も破壊されてしまった経験から「人間が幸せにならない経済や企業活動は駄目だ」と実感していた。

その人間が幸せにならないフランチャイズシステムや労働者派遣法などを推進したのはかっての通産省だし官僚なのだ。

政治や経済の何処を見ても末期的としか言えないような日本の現状を、同じ世代の友人と「私たちは国づくりを間違った!」と嘆いていたのは僅か日本を離れる直前の一年半前である。

それが、無理だと思われた「政権交代」を国民が選択して、「平成維新」とも言える政治状況が今実現している。
人間とは不思議なものである、あれだけ政治不信に陥っていた気持ちが、この国も捨てたものでは無い、まだ可能性があるのでは?と思わせてくれるのである。

戦後初めての真の政権交代である。初めての体験の民主党にも失敗や勇み足はあるだろうが、ここは気長に真の政権交代を作って行くという気持ちで見守りたい。

私も思う、政治や経済に「愛」は必要なのだと。
「幸せ」それが無くして何の政治や経済なのか。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月24日土曜日

インフルエンザです。大変です!

 大学の日本語科のクラスでインフルエンザが流行しそうな気配である。

 一クラスで2〜3名の学生が「インフルエンザ」で休んでいる。このまま流行りだしたら大変だなと思う。
クラスで流行ったら「集団感染!」?

あるクラスは、同じ宿に泊まっている男子学生が3名とも入院しているらしい。

予防対策は?
と考えるが、ワクチンの接種は?
ベトナムでもできるのか?
しかし、ネット情報ではワクチン接種しても「重症にはならない効果はあるが初期感染の予防にはあまり効果がない」とあるが本当だろうか。

また、ある情報では、免疫力を高めることが大切とある。
うーん、これも至極当たり前のことだ。
私がかかった病気の治療法でも免疫力向上は言われている。

結局は、日頃から健康を維持して風邪などを引きにくい体質にするしかないという当たり前の結論になるようだ。

しかs、大学で流行すると大変だ。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月21日水曜日

今日は女の日です!

 昨日の昼飯時に、1人のベトナム人女子学生が私に聞くのです。「今日は、何日ですか?ベトナムでは女の日です。」

「え!女の日?何ですか?」

「男の人は女の人に花やプレゼントを贈ります!」

内心、ドキ!とした私です。今日だったのか!
昨年の今日の日を少し思い出しました。そう言えば、ベトナムでは日頃の恩に男性が奥さんや恋人に感謝をする日だと聞いていましたが、今日だったのか。

しかし、その上記の言葉は私には内心脅迫めいて聞こえてくるのでした…。いえいえ、私も感謝を示さなければならないと思ったのであります。

そして、昼食もそこそこで近くの市場へ出かけました。いつもは昼寝をするのですが、それどころではありません。
それで、下記のような花を買いました。
当日の宿の女性は、いつもより少なくて5人でしたので5セットを用意して、夕食時に「いつも美味しい食事を作ってくれてありがとう。感謝します。」と贈りました。日本では歯の浮くような言葉でも外国ではいえるものですね。
これで、同居者が円満に生活できれば安いもんです。
ケーキも一緒に買ってみんなで食べました。若い女性5人に囲まれて食べるケーキの味は極上の味でした。
しかし、今日の授業で学生たちに、昨日の女の日に何か貰いましたか?あげましたか?と聞いても、多くの学生は「いえ、何もありません。」との返事。

もしかして、私は学生にはめられた?


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月19日月曜日

前の宿の風景

 写真の風景は、前の宿の屋上から見た風景です。
今ではもう見ることができません。こうして見ると、川もあるし緑もあるしなかなかのもんですね。
上の写真はそれから少し左に視線を移すと見える風景です。マンションの建設現場です。半年前に引越して来た時には地下を掘って基礎工事中でした。

今では写真のようにニョキニョキとコンクリートの柱が立ち上がっています。
こうして見ると、けっこう大きなマンションが建つようですね。一年後?いや数年後には。
そして、その時には景観も変わっているでしょう。
でも、手間の方はスラム街(失礼)という雰囲気ですが…。
どうなるんですかね。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月13日火曜日

日本人をなめてんの!?

 学生との関係は、引越パーテイーでは和気あいあいムードであったが、急速にアブナいムードになった。

数日前から、1人の学生の母親が泊まっているのだが、文化や生活習慣の違いなのだろうか、妙にイライラすることがある。
最初に会った時に、こちらは挨拶を「シンチャオ!」としたのだが返事は「ウー」か「オウ」分からん言葉だった。(内心、ちゃんと挨拶ぐらいしたらどうやね!と呟く。)

その後、我が物顔に室内を闊歩されるのがだんだんイラだって来る。その母親だけでは無くても、例えば市場を歩いているベトナム人女性の態度の大きいことにはいい加減アタマに来ている…。

そういう背景があって、とうとう1人の学生に感情的に怒ってしまった。

実は、2週間ぐらい前に台所の蛍光灯が2本セットのが1本何故か点灯しないので、家主に修理を頼むように1人の学生に頼んだのである。

当初は、蛍光灯が切れたのかと思い、これも当初は学生に買って来るように言っていたが、いつまで経っても買ってこないので自分で買って来て付けてみたところ、付かないので故障だと分かったのである。

しかし、いつまで経っても家主が直しに来ないので、頼んだ学生に「家主に頼みましたか?まだ?早く言ってよ!」と2回ぐらい督促をしたのである。

それでも、家主に頼んでないようなので、昨日はとうとうアタマに来たという状況で、日本語とベトナム語の併用で「いつになったら言うんだ!?家主は隣じゃないか。今からでも行ったらどうなんだ。」と大きな声で言った。

それでも、さすがベトナム人、ごめんなさいなどとは言わず「家賃を払う時に言います。」と来た。
とんでもない、2〜3日後ではないか!

人が何回も頼んでいるのに、全く無視の状態というか、その場しのぎの適当な返事をしているだけなのである。

私が怒ったその場には、母親も男友達も偶然居合わせた。
私は我慢していたのがキレた状態なので、どうしようもない。

「今までいい加減な返事で何もしないのが悪い」と私は思っているのだが、学生は「プライドを傷つけられた」と思っているのかもしれない。

しかし、そんなことしるか!

それから、食事時に会ってもモノも言わない。

こっちは「日本人をなめてんのか!」状態の心境。

 実は、この件については、もう一つの隠された理由があるというのが私の憶測である。
ベトナム人は電気代が高いと言って、電気の使用に関しては極端に神経質なのである。

今の宿に引越してからは、1人の学生が大家のごとくに「電気、電気」と神経質になり、台所の照明も極力暗くしているのである。

私は歳のせいもあるかもしれないが、昼でも暗くて見えないぐらいで、目に良くないと感じている状況なのだ。

そういう背景があって、「蛍光灯を1本付けると電気代が高くなる!」とその学生は思い、意識的に家主に言うのを逃げたのだと私は推測している。
そのため私には不信感しか湧いてない。

それでなくても、ベトナムの照明の暗さには辟易しているところに今回のできごとが発生したのである。

ベトナムに長く住んでいても、何でもいいよいいよでは済まない時もある。

そして、そのご。
いつまで冷戦状態は続くかな?と思っていたが、今夕隣の大家が修理に来ていた。夕食時には直ったのである。

蛍光灯が1本増えたら、明るさは倍になって明るくなった。

冷戦状態は、収束するでしょう。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月11日日曜日

引越パーテイーその2

何人かのお客様も来られました。ささやかな食事会の始まりです。上の写真には二人の日本人が写っていますが分かりますかな?
私はカレールーを日本から友人に買って来ていただき、カレーをベトナムで初めて作りました。我ながら美味しく出来上がりです。ま、カレールーがあれば失敗はないですね。
ベトナム人は初めてのカレーです。まず食べ方の説明ですが、それよりもベトナムで初めてのカレーライスを早く食べたくて焦りました、我ながらウマかったな!
上は学生たちが作ったベトナムの家庭料理です。日本人の友人は「初めてのベトナムの家庭料理だ!」と感動していました。
どれも美味しかった!
学生の多くが日本語を学んでいるので、日本語談義に花が咲きます。またベトナム語にも…。
 最後は記念写真。私は被写体にはできるだけなりたくないのですが仕方ありませんね…。はい楽しいパーテイーでした。
何人かは都合で参加できない方もいて残念でした。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

引越パーテイー

 引越をしたので、お世話になった人を招いて内輪のパーテイーを行うことになった。
多少のトラブルはあったが、なんとか開催できた。

いきなり、子どもが写っていますが、今同居している子どもです。その訳は、説明すると長くなるのでそのうちに暇な時にでも…。何でもありのベトナムですから。
私には、いきなり孫ができたような状況ですが…。
しかし、可愛いね!!
上の写真は、内の宿の学生と学生と同じ大学の学生が参加して食事の準備をしているところです。
例によって、和気あいあいいうか、ピーチクパーチクと言うか賑やかな雰囲気です。
学生たちはみんな写真受けが良いですねー。
下の写真はそのおしゃべり準備で出来上がった作品です。これを油で揚げるそうです。可愛いくできていますね。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月7日水曜日

美女と5分間話すと、健康に有益!/只今実践中

 標題のようなニュースがネットで飛び込んできました。
ホンマかいな! 早速下記の内容をチエックしました。
我が意を得たり!
美女と5分間話すだけで健康になるとは、なんと素晴らしい健康法でしょう。

うんこれこそ、我が人生で実践してきたことなり。
でも、ないか。大きな病気にもなったし…。
いや、しかし、それを乗り越えて生き延びているから…。

そうだ、これからの人生はこれに徹して行こう…。

しかし、美女と言うところがミソですな。
何をもって美女と言うか?
ま、当人が「美女だ」と思えば良いでしょう。

美女でなくても、若い女性では?
などと勝手に妄想が広がる本日でした。

今、私は平均年齢約20歳のベトナム人美女(?)数人と共同生活を始めております。これこそ究極の健康法かも知れません。この縁に感謝感謝ですな。

下記は標題のネットニュースの張り付けです。

http://rchina.jp/article/35911.html
2009年10月3日、香港紙・大公報によると、米カリフォルニア大学の研究で、男性が美女と5分間話すと、男性ホルモンの分泌量が50%近くも増し、健康に有益であることがわかった。

同大学が男子学生149人を対象に行った研究によると、男性が女性にわずか5分間話しかけるだけで、男性ホルモンに含まれるテストステロン・抗圧効果のあるコルチゾンといった成分がそれぞれ14%と48%も急速に増加するという結果が得られた。一方、男性が男性研究員と5分間話すとこれらの男性ホルモンは低下した。これは、男性は女性と話をすると、元気になり注意力が増すだけでなく、緊張がほぐれる作用もあることの証明だという。

専門家によると、会話の時間は5分程度で十分で、長く会話した時と大差ないという。また、より美しい女性に話しかけた方が効果が高くなるという。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月6日火曜日

市場とカフェ

 今朝は早朝7時前に市場へ行く。いつも買う「ラオマー」野菜ジュースは早すぎて店頭に並んでいない。

豆乳の店で2袋購入して、魚売り場をウロウロする。鰹や鯵などの魚があるが刺身にはならんだろうな…。この一年、刺身を食べていないな。などと独り言をブツブツ言いながら歩く。

上の写真はその市場内の光景だが、狭い通路をバイクが我が物顔で横行しているのにはいつも腹が立つ。
この前なんか、目の前の混雑にイライラして日本語で文句を言っていたら、バイクのベトナム女性が睨みつけて来た。
言葉は分からなくても私の目つきが気に入らんらしくて、いわゆるガンを飛ばして来た。負けじと睨み返してやったが、まともに喧嘩したら勢いに負けそうな気がした。
ベトナム人女性同士の喧嘩は半端じゃない!今にも殴り合いそうな喧嘩を何回も見て来た。気が強いのがベトナム人女性だ。
相手にしない方が無難だ。
 帰りは、カフェでコーヒータイム。
例によって、無粋なトタン板で景観が台無しだ。
いつになったら元通りになるのだろう。
宿に帰って、半年前の写真(下記)を見たら、エライ違いですね。

それはさておき、作文の添削が約50名分残っているので、これから気合いを入れてやらなければならない。
昨日、同じぐらいをやったのだが…。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月3日土曜日

中秋節の夜

[中秋節] ブログ村キーワード

 今夜は中秋節の夜、ベトナム人学生によると「子どもの祭」「月餅を食べる日」「子どもが提灯を持って歩く…」などと説明してくれるが、どれも的を得ているようで得ていないような説明だが細かいことは気にしないでおこう。
夜、食事が美味しくて少々食べ過ぎたし、中秋節の夜はどんなんだろうかと散歩に出ることにした。

宿を出た直ぐの路地裏で数人の子どもが手に提灯を持って集まっていたが写真を撮るのを忘れた。

まずいつものカフェで橋を観察する。
写真のように、娼婦の姿が見える。無粋なトタン板が邪魔して見えにくいが二人ほど見える。
中秋節の夜も関係なく彼女たちの日常は廻っているようです。
足を蚊に刺されるの早々に引き上げて、橋の上を娼婦を眺めながら通り過ぎて行く。
そうしたら車道をゆっくりとバイクが寄って来た。バイクの女性が何か言ったが私には聞き取れない。
バイクに乗った娼婦だと思うが、こちらが無反応なので走り去って行った。しかし、そのバイクは数分後にもう一度寄って来たが、やはり言葉は聞き取れない。
1区側を散歩して再び居住区の路地に入ると、写真のように子どもたちが提灯に灯を付けて遊んでいた。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2009年10月1日木曜日

公共工事の幻想やめよ!/鞆の浦



http://mainichi.jp/select/today/news/20091001k0000e040074000c.html

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091001k0000e040013000c.html

鞆の浦景観訴訟:県に埋め立ての差し止め命じる 広島地裁(毎日JPニュース)
鞆の浦景観訴訟:宮崎駿監督「公共工事の幻想やめよ」

 標記の見出しをネットで発見して嬉しくなりました。
鞆の浦は古い歴史のある港町で万葉集にも出て来るような風光明媚な所です。幕末時代には坂本龍馬も宿泊したという旅館も残っているような所です。
 私は田舎で静養している時に、友人と初めて訪れました。鞆の浦は私の田舎から車で2時間ぐらいの所にあるのですが、今まで行く機会もありませんでしたが、病気になったおかげで行く機会がありました。

行って見て驚いたことは、その風光明媚な景観のすばらしさでした。また歴史的にも貴重な名跡があるのです。
しかし、もっと驚いたのはその風光明媚な景観を破壊するような湾を股がって大きな橋を架ける工事計画が進行していることでした。

今どき、未だに自然を破壊して土木工事で儲けようという発想が堂々と行われることに驚きと落胆を感じました。
その鞆の浦を一回見ただけで、その計画は歴史に逆行する愚かな行為だと実感しましたが、その愚かな行為がまかり通ることに
悲しさを感じたのです。これだけの歴史的な遺産を破壊することの愚かさを感じないのか!と思ったものです。

一方で、その愚かな行為をやめさせようと運動が起こっていました。街頭でその署名活動をしていたので署名をしたのは言うまでもありません。
その鞆の浦で、美味しい蕎麦や天ぷらを食べて、夜はその沖にある島で宿泊して英気を養いました。故郷の近くにこんなすばらしい所が残されていることに誇りを持ちました。
その鞆の浦訪問はまだ1年半前の出来ごとなのです。その時のことは当ブログでも書いています。
http://hengaplai-nihonngoyaroo.blogspot.com/search/label/仙酔島/鞆の浦
しかし、その愚かな計画にストップをかける判決が出たようです。このまま計画が止まることを願っています。

しかし、どれだけこの数十年間に公共工事と称して日本列島の自然を破壊してコンクリートで固めるような無駄な工事を延々と繰り返してきたことでしょう。

でも、政権交代でようやくその愚かな行為にストップがかかるようになりました。
今まで、私たち日本人は税金の取られ方には敏感でも、その使われ方にはあまりにも無頓着だったと思います。
これからはそうはいかないぞと肝に銘じなければなるまいと思う。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村