http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2009年11月21日土曜日

学生が走る先生の日/ささやかなパーテー

 10月20日はベトナムの先生の日、この日は先生と名のつく人、いやその先生に学んでいる生徒や学生にとっては大変に忙しい一日のようである。

うちの大学では、朝一番の授業があったのだが、たまたまその日は中間試験の当日だった。試験を始める前に学生たちは私にプレゼントをくれたのであった。感謝!心なしか採点が甘くなるような気がした(笑)。

その早朝の試験を終えて帰宅途中に百貨店に寄ったのだが、途中から中学生、高校生らしき生徒たちが集団で店内に入って来た。先生の日のプレゼントを買いに来たのだろうと推測する。生徒は忙しい日になるようだ。ベトナムでは高校や中学は休校になると聞いている。しかし、生徒たちはプレゼントをもって先生の家へ訪問するとのこと…。


うちの宿の学生たちも、夫々に午後からは忙しいようだった。いつもは一緒に食べる夕食時も外出で居なかった。

ところが、夜中の10時過ぎに宿の学生たちは帰って来て、突然にパーテーを開いてくれた。そう、疲れているのにも関わらず先生の日だからと…。

私の大好きなドリアンや果物が一杯のごちそうでした。
その優しい心根に感謝です!

そのパーテーの余興で、写真のように同居の子どもが歌と踊り披露してくれた。可愛いですね!若干3歳也。
プレゼントもいただきました。ありがとうみんな!
この巡り合わせと縁に感謝です。
いつもですが、みんなの笑顔がすばらしいですね。この笑顔に魅かれてベトナムに住んでいるようなもんです。幸せです。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

sho さんのコメント...

先生の日懐かしく思い出しました。
6年前サイゴンで迎えた初めての先生の日。小生にも贈り物が来るだろうかと不安でしたが、当日授業のない生徒までが教室の外で待っていてくれたのを思い出し感激をあらたに噛み締めております。
数年以内にまた日本語教師に復帰してサイゴンに帰る予定です。今から楽しみにしています。
来年のテトはサイゴンの娘たちの故郷DONG THAP帰省に付き合う計画をたてています。

nihongoyaroo さんのコメント...

shoさん

そうですね、形式的とは言え、贈り物をもらえば嬉しいものですね。学生の気持ちに応えねばと日々頑張るこの頃です。