http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年2月12日金曜日

ダクラックの宿

 朝ダクラックのまちへ着いて、学生は一軒の安宿(nhà nghỉ)でバイクを止めた。一部屋5万ドンから6万ドンですがどうですか?と言う。
一瞬、安い!いや安すぎる、大丈夫?
部屋を見ないと分からないと言って部屋を見るが、なんとも返事のしようがない感じだ。

正直、これだけ安い部屋には泊まったことがないので不安がよぎる。
学生に「他のホテルは?」と言っても「他所は高いし…」と言う感じで、ここでどうですか?と他を探す気は無さそうな態度だ。私は少なくとも10万ドン以上は覚悟していたが…、学生は貧乏な日本人に高い所は可哀想だと思ったのか?

えい!仕方ない。ここにしよう。
ということで、1泊6万ドン(300円)の超安宿に泊まることにした。
そこにした理由の一つに、そこの女将か従業員かは知らないが、愛想の良さそうな30代の女性が「夕方は公園を案内してあげるよ!」の一言が気に入って決めたようなもんである。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: