http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年2月15日月曜日

世界一ロマンチックでない日本語の愛の表現

愛の表現には日本語は世界一ロマンチックでないとする記事が下記に載っている。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-13894420100215


残念ながらこれに関しては認めざるを得ないような気がする。世界一かどうかは別として。
ベトナムの大学生からも時々「アイラブユー」の日本語の言い方は?と聞かれて「愛しています」と答えながら
なんとも言いにくい言葉だ!と思っていた。
かしこまったような言い方で、とても愛を囁くような雰囲気がしない。

ベトナム語のアンユーエム「Anh yêu em」の方が余程言いやすいし言葉の響きが良いと思っていた。
ベトナム人学生にも「長過ぎる!」と評判が悪かった…。

案の定、世界の言語の専門家の評判も世界一ロマンチックでないと言う結果に…。

ところで、ベトナム語の評価は?
アンユーエム「Anh yêu em」は結構評価は高いのでは?

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: