http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年2月13日土曜日

嫌な思いは今日まで!明日は忘れよう。

2/13
 ダラットの朝8時ごろ、宿の別荘に男子学生が迎えに来る。
先日に会った時から、家に来て欲しいと言っていたので断り切れずに付き合うことにした。

その男子学生は、今お世話になっている女子学生と同じクラスメイトだが、残念ながら私の印象は薄くて名前を正確に覚えていなかったくらいだ。
従って、同じダラットが田舎だとは知っていたが今回のダラット訪問のことはもちろん知らせてはいなかった。

しかし、そこは同じ学生の情報で知り、押し掛けてきたのである。


その男子学生の家に招待されて家族を紹介されて昼飯を食べて行けと言う。
それは良いのだが、その前に朝早く来られたのでまだ朝ご飯を食べていないのだが…、そんなことは言えず。

昼までの2時間ぐらいはどうしますか?と聞いて来る男子学生。
先日は何処か行きたい所は?と聞かれて、滝を見に行きたいと言っておいたのだが…。

仕方が無いので、ダラット大学に行ってみたいと言う。
ではと言うことで、バイクに乗り出かける。

ダラット大学は市内の中心街に近い所にあり、近所にゴルフ場もある。
小高い丘に位置して、広い敷地に教室が点在している贅沢な大学だ。
各建物自体はそんなに大きくないので、学生数はそれほど多くないのだろう。

そのダラット大学で日本語も教えていると聞いているので、詳しい情報を知りたいと思い、男子学生の知り合いに日本語を勉強している学生はいないかと尋ねる。

1人、居ると言うので午後に会うように段取りをしてもらう。

そして、約束の午後12時に会うように男子学生と出かけるが、待ち合わせ場所のカフェの選定に手間取ったのと途中でバイクのガソリン切れで、相手の女子学生を30分以上も待たせた後にカフェまで歩かせるような状態になった。

カフェで少し待つが、男子学生に相手は?と聞くと歩いて来ますと平然としている。しかし、こちらから頼んでおいてこの炎天下を歩かせるのはどうか?と思い、バイクのがゾリンを入れて直ぐに迎えに行きなさいと言う。
バイクの件も、何故エンジンが止まったか分かりません?と平然と言う。状況からしてガソリン切れしかないのに:。

しばらくして学生はバイクでカフェに帰って来た。相手の女子学生は?と聞くと、忙しいので帰りましたと言う。思わず、チョイオイ!

それは忙しいのではなくて、怒って帰ったのだろう!!と思うが、その男子学生は、テトは忙しいですから…とぶつぶつ言っている。

仮に忙しいなら、それなりにもっとテキパキと待ち合わせ場所探しも含めてやらんかい!と内心ムカッとする。
こちらの希望はその日本語を勉強しているという女子学生と話して色々と聞きたかったのだ。

その男子学生、私の気持ちを知ってか知らずかのほほんと構えている。
日本語の話も間違いだらけで、話していて腹がたつほどだ。

結局、その男子学生とそのまま居ても仕方ないので、中心街まで乗せてもらい別れる。
その後は、いつものカフェでネットする。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

ひとみ(maleです) さんのコメント...

あらあら・・・先生!!
先生のブログ、学生さんたちも読んでるんでしょ・・・その男子学生君も!!

一般論として、ベトナムでは、女性が優れているようですね。というか、わたしたちニッポン男児は、ベトナム女性に魅かれますよね

やっぱ、女子大生がいいな・・・・
わたしのとこの女子大生スタッフはみんな卒業して、それぞれ成長してますけど・・・なにを言いたいかわからなくなりました。

昨夜のハノイの花火大会では、女の子たちが綺麗でした。メイクもファッションも素敵になって

nihongoyaroo さんのコメント...

ひとみさん

あらあら・・・先生!!
先生のブログ、学生さんたちも読んでるんでしょ」

 いや、すこしの学生しか知らないのですが…。
でも、そのうちに読むのかも…。その時には、人との付き合い方を学習してもらいましょう。
 学生も我がままな先生を相手に大変だと思っているでしょうか?