http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年3月19日金曜日

リスが飛び、鳥がなき

 久々にプールで泳いだ。
朝4時半ごろ目が覚めたので思いついてプールヘ行くことにした。
5時半ごろにプールに着いた。プールには人がまだまばらで泳ぎやすい。

テト前に何回か通ったが、しばらく来なかった。
一泳ぎしてからプール際で休憩すると
動物園側の林から甲高い鳥の声が聞こえてくる。
大きな木の枝が揺れているので見てみるとリスのような動物が木の枝を渡っている。

そのうちに、プールの柵の上をひょいひょいと渡り出した。
一匹、二匹居る。

都会の真ん中で、リスが居るとは。
動物園のリスなのか?動物園から逃げ出したのか。

朝のプールもいいなとしばらく眺めていた。

最近、学生に「お腹が出て来た!」と言われて、メタボ?と気になっている。
昨年末にバイクを買ってから、自転車通勤もバイク通勤に替えた。

バイクに乗り出したら、運動不足になっているのは確かだ。

これからその運動不足を水泳でカバーしよう。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年3月17日水曜日

1通のメールで、更新が遅れた理由!

 更新が遅れたというよりもしなかった理由になるだろう。
日本からわざわざベトナムくんだりまでやって来て暮らしてるにはそれなりの訳があるのだ。


できれば、日本で暮らせたら良いのだが、それができない訳があるのだ。

ブログに書けない、書きたくないこともある。と言うよりは書いても仕方ない、読者の方には関係ないことだから面白くないだろう。

日本での人間関係はできるだけ忘れてしまいたいと思うこともある。

突然の一通のメールで、過去の嫌なことを思い出してしまうこともある。
この1週間がそうであった…。

この1週間は、過去の忘れれたくても忘れられない出来ごとや関係に思い出が頭の中をかけ巡っていた。

そして、今日、やっと気持ちを整理して返信メール書いて送信した。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年3月10日水曜日

VISAの更新についての情報

 VISAの更新については、この国で永く滞在したい日本人の一番の困りごとではないだろうか。
他のブログでも、その件についての情報が載っていていつも参考にしているのだが、今回、私も3ヶ月の更新時期が来たのでその情報を書こう。

今のVISA更新は3ヶ月前に65ドルで業者を通じて行った。
その時には、長く国外に出ていないので3ヶ月は無理かもしれないと脅かされていたが、なんとか取れた。

今回はそのことを思い出して、どうなるだろうかという不安を抱きながら前回と同じルートで頼んでいる。
途中経過で連絡があったのが、費用は150ドルだということである。
前回の二倍以上になっている!

高いが、それ以外に取得する目処はないので頼むしか無い。

実は、今回の更新の前に、ベトナム語を勉強している友人たちが数人で直接に役所の窓口で申し込んでみるということなので、私の付き合ってみた。

外国人(日本人)ばかりでは不安なので、宿の学生に同行を頼んだ。
1区のベンタン市場の近くの窓口に行って、番号札を取り3人の担当者が居る部屋で待つ。

事前の打ち合わせで、賄賂を10ドルパスポートに挟んでおいた。
同行の3人の日本人の1人が、説明を聞いた。
その時に、賄賂金は返された。

申込書には、旅行社か住んでいる地域の警察で紹介か証明の印が必要とのこと。
しかも、1ヶ月の取得しかできず3回しか更新はできない、とのこと。

その後はどうするのかは聞かなかったが、国外に一度でればOKなのかもしれない。
窓口での申請費用は1回10ドルである。
3回で30ドルだが、他に旅行社か警察での費用が幾らになるかは未確認だ。

毎月、更新するのは面倒くさいし、一ヶ月はすぐ来る。
かと言って、業者ルートを通じると150ドルだ。

なんとも、外国人には住みにくい国になってきた。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

竹林禅寺(ダラット郊外)写真編

ダラット郊外にある竹林禅寺。今回の訪問はテトだったので観光客でごった返していた。
前回訪問時に実現できなかった、境内での昼寝をすることができた。


バイクの駐輪時にお金を取らないのには感心した。入場料を取る訳でもないのに。

しかし、此処はやはり静かな時にゆっくりと滞在したい所である。それこそ禅の教えでも請いたいものである。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年3月4日木曜日

ダラット(DALAT)の宿

 午後1時半、ようやくダラットへ着いた。向かいに見える緑の車が乗って来たバスだ。この終点まで乗っていたのは二人だけだった。
そして、学生に迎えに来てもらい案内された宿の写真が以下である。道の崖に建てられた別荘である。

その別荘から見た景色が上の写真だ。絶景かな。
室内の装飾は、ベトナムとは思えない。失礼。
冷蔵庫は日本製。
久しぶりに本格的なベッドで寝れます。夕方まで爆睡。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村