http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年4月30日金曜日

日本のコンビニがコンテストのスポンサー!?

 4月某日、例によって突然に(突然にと思うのは日本人の私だけでベトナム人学生はそうは思っていない)「明日の夜は暇ですか?」と聞いて来た。

ホーチミン市の大学でスピーチコンテストがあるので行きましょう。うちの大学生も参加すると言うのである。
どうせ、暇だし、一緒に行くことにする。

そして当日、我が宿の女子学生3人と一緒にバイクで出かけました。会場は同じ区内の大学でした。

ただ、一緒に行った学生の1人は日本語学科の専攻ではありませんが他の学生曰く「暇すぎて、一緒に行くそうです!」思わず笑っちゃいました…。
しかし、最後は笑ってるどころではありませんでしたが。

大学に着いたら、会場の前でテントを張って何か販売しています。何と、それは日本のコンビニのおにぎりを売っているのです。コンビニの出前販売?聞いたこと無いな…。??

販売しているのはベトナム人スタッフ?ちょっとぎこちない日本語ですが通じます。

宣伝用のうちわをもらって会場に入ります。
予定時間ですが、まだ会場内はまばら、ベトナム時間のようです。

そのうち、壇上のスクリーンに映し出される宣伝を見て驚きました。日本のコンビニの宣伝だったのです。
そのコンビニは最近ホーチミン市に1号店を出してます。もう2号店を出したようです。

何のことは無い、そのコンビニ本部企業が今回の日本語スピーチコンテストのスポンサー企業でした。

スポンサー企業ホーチミン市社社長の挨拶もありました。
まだ30代の若さでしょうが、少々体重を気にした方が良いような体型でした。(失礼ながら)
コンビニ本部の社員は、商品の弁当やおにぎりの試食で食べ過ぎて困ると聞いたような気がする。

コンテストは会場になった大学が中心にホーチミン市内の大学の日本語を勉強している学生にも呼びかけて今年で3回目だとのことだった。

スピーチだけを競うのではなくて、他に芸能的な歌や踊りなども取り入れた発表内容でした。
大学で日本語を教えている私にも初めてのコンテストでした。

結局、1時間ぐらい遅れて始まり終わったのは10時半ごろです。主催、運営する学生たちは一生懸命なのですが、少々うんざりする運営内容でした。

しかし、私が一番驚いたのは、スポンサー企業の宣伝があまりにも表に出過ぎることでした。

表で、おにぎりを販売するし。会場内でコマシャールソングを流しながら宣伝ビデオを写し放題。
副賞の商品もコンビニ商品のようでした。
完全におんぶにだっこ状態です。

運営側はお金が無いので運営費用は全てスポンサー企業に頼るとこうなるのでしょうか。

それと、日本のコンビニ本部とは因縁深い関係がある私なので、神経質になるのもあるのです。
コンビニシステムは奴隷システムだと私は自らの体験から思っています。

本部だけが一人勝ちする、本部だけが儲かる搾取システムなのです。コンビニは。

コンビニの発祥地は米国です。いかにも米国らしい、帝国主義的発想のフランチャイズシステムで運営されるコンビニは本部が帝国でコンビニ加盟店は植民地なのです。

企業ポリシーは共存共栄などと唱っていますがトンデモナイ。本部だけに利益が出るシステムなのです。
その米国の発祥のコンビニも米国では本部が倒産したりしていますが、日本のコンビニは米国よりも本部だけが儲かるシステムになって本部は生き残って来ました。

コンビニシステムの弊害は色々ありますが、日本のように本部が圧倒的に強いシステムでは他のあらゆる小売業を食い尽くして行くのです。雑貨屋、酒屋、本屋等々…。

地域の金が一握りのコンビニ本部に吸い上げられて行くシステムがコンビニシステムなのです。

その、コンビニがこのベトナムに進出する。コンビニの裏の裏まで知っている私としては忸怩たる思いがしますが仕方ありません。

今後、この国でどう展開されるのか、この目で見てやろうと思うのです。

コンビの話になって、熱が入りつい長くなりました。

そのコンビニの問題は下記のブログに掲載しています。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

我が宿の連休!

 ベトナムは今日が独立記念日で月曜日まで連休に入った。
ベトナムでの連休、3年前は日本語学校に赴任中でムイネという海沿いのリゾート地へ1人で遊びに行ったのを思い出す。

ところが、昨年はどこへ行ったのか、何をしていたのか思い出せない。情けない!

そして今年は、宿でのんびりと過すのです。
一時はコーヒーの産地のダクラックへ旅行を思いついたのだが、あまり日にちに余裕が無いのと仕事が溜まっているのを考えて止めました。

しかし、宿の女子学生たちは殆ど田舎へ帰省しました。
2人だけ残っていますが、1人はバイトの日本食レストランの仕事をするようです。一方で、今日は男の友達と遊びに出かけました。

もう1人の学生も、今日は朝から彼氏の家へ行きました。
彼の家で料理を作るんだと嬉しそうに言っておりました。

昨夜は、夜の9時ごろに帰って来た学生が、「街は、田舎へ帰る人などで大変に賑やかです」と言っていた。
さぞや、バイクで道は混雑しているのだろうと想像していました。

昨夜は、私は暇なので行きつけのカフェへ行こうかと思いながら、宿でゴロゴロしているうちに夜中になってしまって、学生の言葉を聞いて、外へ出る気持ちも失せてしまった。

という状況で我が宿の連休は始まった。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月25日日曜日

ベトナム語の学習/人文社会科学大学編

 人文社会科学大学でのベトナム語の勉強は今も続けているが、今のクラスの授業は5月の3週で終わりになる。

クラスの学習者は最初は8人位はいたが、今は毎日来るのは半分になった。
日本人は2人いたのだが、今では私一人で少々寂しい。

他の学習は全員韓国人だ。
二年前の時もそうだったが、今でも「ここは韓国か?」と錯覚に陥るほどベトナム語学習の世界は韓国人で一杯だ。

食堂&カフェでコーヒーを飲んでいると、耳慣れたベトナム語ではなくて韓国語が周りから飛び込んで来る。

前はもっと、日本人が居たのにな…、と心寂しいこの頃だ。

ところで、先に匿名さんからベトナム語学習の質問があったので、遅くなりましたが少し紹介します。

クラスについて
1クラスは15人定員のはずですが、実際はいつも10名から数人ぐらいです。

時間は、私が学んでいるのは一番早い時間で朝の8時から9時50分までです。
次の時間は、10時から11:50まで。このクラスが一番多いようです。

あと、午後と夜も1時から、3時から、5時から、7時からとクラスがあります。
学習者が集まれば始まるようです。

期間は、1クラスは約2ヶ月間です。週に5日と3日のクラスを選択できます。もしかして、3日のクラスは期間はもっと長いかもしれません。

授業料は、週に5日コース(受講期間、約2ヶ月)で約200ドルです。前払いです。

教師は、2人の教師が交代で教えますが、教師によって当たり外れがあるような気がします。
初級の初めは、英語で説明、進むとベトナム語での説明も多くなります。

今思えば、二年前に初めて学んだ時には、クラスの中に日本語が分かる学習者が自分を入れて3人居たので良かったです。
分からない時には聞けたりしましたから。

どちらにしても、予習と復習をしないとだんだんついて行けなくなります。
今の私が、そうなりつつあります。

もう一踏ん張りしなければと思うこの頃です。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月24日土曜日

先月の誕生日パーテー

 我が宿ではこのところ誕生日パーテー流行りだ。今月二回もあったが、先月も一回あった。それが今回の写真だ。
先月はブログの投稿意欲が落ちていて更新できなかったが、同じ若い学生同士、ブログに掲載するなら平等にと思い掲載します。「何故、私の時のは載せてくれないの」と思われても嫌だから…。
上の写真は、同じ大学の同級生同士です。仲良し4人組!もちろん、日本語学科。
いつものように全員で記念写真。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月23日金曜日

今日も誕生日パーテー

 今日も誕生日パーテーです。
実は4月23日はべトナムの新しい祝日です。昔の王様の命日だそうです。ベトナムでは祝日は少ないので貴重な休日、学生たちは朝から各々遊びに行って帰って来て、夜の8時ごろからの開催となりました。

 食事は、ファンテック風のバインセオです。
油でコテコテの卵焼きを薄口のヌクマムをたっぷりと、いやヌクマムに浸けて食べるのです。最初はちょっと抵抗がありましたが、美味しいのでつい食べ過ぎるほどでした。
今日は、最初は男性の参加もなかった(後での参加でした)ので、食後はさながら撮影会の雰囲気になりました。
今回思ったのですが、学生の皆さんにとってはたかが誕生日パーテーでも、大切な社交場なんですね。
一人一人、お化粧して着飾っているんです。
それにして、ベトナム人女性は写真好きです。

この後、男性陣も参加して二次会のカラオケに皆さんは行きました。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月22日木曜日

ベトナムの誕生日パーテー


 久しぶりの更新は、宿での女子学生の誕生日パーテー編です。
 パーテーの3日前に、「日曜日の夜は暇ですか?」と1人の学生に聞かれて「はい、いつも暇ですが、何か?」と答えると、その学生の誕生日なので親しい友人達を招いてパーテーをするとのこと。


 その翌日に、プレゼントをホーチミン市内のデパートで買いました。実は、若い学生へのプレゼントは何が良いか迷います。先月も1人の学生の誕生日で、その時もプレゼント探しで苦労しました。

今回は、ボデーシャンプーとミルクにしましたが気に入ってくれたかどうか?フランス製ですが…。

そして、パーテーの当日、夕方から学生のみんなが台所で食事の準備をしていました。
前の宿の時は大家も同宿なので台所が自由に使えないので、パーテーは外のレストランで行っていましたが、今の宿になってからは自分たちで食事を作るスタイルになりました。
その方が、安上がりだし自由でいいですね。

さて、パーテー直前、夕方7時を過ぎて、お腹も減ってきました。「パーテーはまだ?」と私は階下に催促に何回も降りました。


ようやく始まったパーテーは写真のようです。
いつもは宿には男は老人1人しか居ないのですが、パーテー当日は若い男子学生が数人参加しているので、他の女子学生も心なしか嬉しそうです。

料理は、ベトナム風カレーがメインでフランスパンをつけて食べます。なかなか美味しかった。

デザートは水瓜です。ベトナムの水瓜はけっこう甘くて美味しいのです。

前から感じていることですが、ベトナムの若者は比較的大人しいということです。
パーテーと言っても、お酒を飲んで大きな声で騒ぐ訳でもなし。静かに話しているだけです。みんな、けっこうシャイなんです。

ところで、パーテーの主催者は誕生日の当事者です。
ベトナムでは自分の誕生日に、友人を招いてパーテーをするのです。友人はプレゼントを持って参加します。

二次会で学生たちはカラオケに行きました。
私は誘われましたがお断りしました。
昨年は参加したことがありますが、ベトナム語の歌は分からないし、私以外は全て20歳前後の若者の中で居るのは大変なことですので…。それに、若者は若者で楽しんだ方がいいでしょう。


しかし、ベトナムの若者は20歳ぐらいで、このように慣れないながらもパーテーを主催して友人を招き、交流します。
でも、このようにパーテーをできるのは一部の人だけかもしれませんが、面白いなと感じました。端から見ていても微笑ましい風景です。

ふと、日本の若者はどうしているのか?
わが息子は?

と想いを日本に馳せました。






見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月13日火曜日

体力が落ちたな…。

 ベトナム語を再び学習始めて約4週間目になるが、一年半前に比べて確実に変化したことがある。
それは、人文社会科学大学の階段を上るのに息切れがすることだ。

毎朝、階段を上りながら「一年半前はこんなんではなかった!」とブツブツ言っているこの頃だ。

前回は、4区から大学まで約25分間自転車で通ったものだ。
それに比べると、今回はバイクで約5分間の通学だ。
この差は大きいな。

しかし、人間とは一度楽すると元には戻れないと昔から言ったものだが、まったくその通りで、今の自分が自転車通学をしようとは何処からも体は反応しない。

それでなくても、この暑いホーチミン市で昼間は動けば殺人的行為だし、その代わりと始めた水泳もなかなか継続するのは容易なことではない。

という訳で、人文の階段をふーふー言いながら上がっているこの頃です。
その上、ベトナム語の学習もベトナム人先生が話すベトナム語の半分も理解できないままに授業が進んで行く….

今更ながら、外国語の勉強の大変さを痛感し、学生の苦労を思うこの頃です。
見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月4日日曜日

焼きが回ったか?

 貧友会への参加を急に申し込んで、最近気分的にパッーとしなことが多かったので色んな意味で楽しみしていた。
そして、その会は日曜日の夜にあると頭の中は勝ってに思い込んでしまっていた。

ところがである、その日曜日の早朝にパソコンを開くと一通のメールに愕然としてしまった。

その会は終了しましたとの内容だった。
土曜日の夜に終わっていた。いや開かれていたのだ。
何ということか!!

私の大いなる勘違いである。

人生の出会いは一期一会である!

と偉そうに学生に教えている我が身の姿が脳裏に浮かんで来る…。

焼きが回った!とはこのことか。

勘違いとは恐ろしいというか、その案内のブログも見たのに、今確認しても昨日の日付になっているのに、勝ってに私の脳は日にちよりも日曜日ということに思い込んでしまっていたようだ…。

実は、その会には前から参加したいなと思っていたのだが、私自身病気をしてから断酒をしたのでちょっと参加をためらっていた。しかし、最近このブログ仲間でもある寅さんという方が日本に帰国されるらしいので、これを機会に参加してお会いしておこうと考えたのである。

もちろん、主催者の秀さんにお会いできるのは言うまでもない。しかし、その秀さんにも、今回は私の失敗でご迷惑をかけてしまった。
その会で、多くの方にお会いできると期待していたのだが、それも次の機会になってしまった。

と言う訳で、このところ気分がぱっとしない事が多いのだが、その悪循環はまだ断ち切れない状態である。
しかし、今朝は良いことがあったのでその悪循環は断ち切ったと思いたい。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年4月1日木曜日

ベトナム語の学習を再び始める

 ベトナム語の学習を再び始めて2週間になる。
約一年半前に病気後再びホーチミン市に滞在を始めて、最初に始めたのがベトナム語の学習だった。

当時、初めて人文社会科学大学の門をくぐった時は新鮮な気持ちがした。今回の再学習はやはり新鮮さは少ない。

一年前の学習では、4ヶ月目で教師の指導に文句を言って辞めたのが表向きの原因だが、実はフーコック島の女性に惚れて島に2週間滞在してベトナム語の学習は二の次になってしまったのが本当の原因だった。

それから、日本語教師の仕事を始めたのでベトナム語の学習の時間はなくなってしまった。

しかし、何故今頃になって再びベトナム語を勉強しようと思い立ったのか?

それは、この間、ベトナム各地を旅行して見て、今の私のベトナム語力では挨拶と買い物ぐらいはできるが、それ以上の込み入った会話はできない。

ベトナム人と深い付き合いをするには、もっとベトナム語で会話をできるようになりたい。
これが理由です。

しかし、再びベトナム語の学習に戻って見て、まず大変だ!の一言だ。

4階の教室へ行くのに階段を上るのが大変。
前回と同じく、ベトナム語を学ぶ外国人は圧倒的に韓国人が多い。

やはり、若い人が多いので私のような年寄りは着いて行くので精一杯。

今週は、昨日と今日と二日も休んでしまった。

そう言えば、前回の学習は楽しかったのを思い出す。
2人の若い学友もいたし…。
あの2人今頃は何をしているのかな。





見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村