http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年5月2日日曜日

幸せな誕生日




 昨日は私の誕生日だった。還暦を過ぎた爺の誕生日など日本では鼻にもかけてもらえないだろうが、ここベトナムは違う。
昼は25歳、夜は21歳の美女が一緒に誕生日を祝ってくれた。感謝感激である。

日本の生活では医者曰く「無茶苦茶な人生!」だったので家族と一緒に誕生日を祝うなど平和な生活とはとんと縁が無かった。
しかし、このベトナムでは特に今の大学生たちと生活するようになって、ベトナム人には誕生日が大切な日であることを思い知らされた。

今の日本ではどうか分からないが、正直、私の人生では子どもの頃から誕生日はいつかそんなに大切な日だと認識する生活ではなかった。それだけ貧しかった。

このベトナム、ベトナム人が家族を大切に思う気持ちは相当なものがある。
日本人の比では無い。

ところで、私の誕生日の昨日、連休なので殆どの学生は田舎に帰省中。
宿に残った学生と一緒に食事に行こうと考えた。
結果、一緒に食事に行けるのは1人になった。

実はもう1人の学生がバイトを始めた日本食レストランがあって、その店で食事する予定だった。
ところが、そのバイト学生はバイトをドタキャンして男友達数人とどこかへ遊びに行った。チョイオイ!
(実は後で分かったが、もっと悪い無断欠勤だった。オーナーは帰り際に「今日は無断欠勤が5人くらいいます」と嘆いていた。内心、これがベトナムの実態だと分かった。色んな店で従業員がやたらに多いと思う原因の一つがこれではないかと思う。店のオーナーは大変だ。)

当初はそのレストランで盛大に誕生日パーテーを予定(気持ちだけ)していた。だから前もって席の予約もバイト学生に頼んでおいたが、それも結果なし。


レストランへ行ったら、オーナーはバイト学生はドタキャンですとの憮然(いや元々そんな顔らしい)とした表情。
日本人的な特別サービスを期待できる雰囲気など飛んで行きました。
従って、誕生日などとは言わずに普通に食事をしました。

滅多に来ない日本食レストラン、しかも勝っての分からない初めての店。
結果は少々、高めでしたが、日本食を食べたいと言う学生と私の希望は叶いました。



食事後、学生と2人で7区までバイクでドライブ。
7区の川縁のデートスポットで呼び込みに声を何度もかけられて「恋人同士だと思われている!」と学生曰く。そうです、暗がりだからね…。

食事のお礼にと恋人気分を味わわせてくれた優しい学生の気持ちに感謝。

という訳で、誕生日は幸せに暮れていきました。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

yutaka さんのコメント...

nihonngoyarooさん誕生日おめでとう。

1人でも一緒に祝ってもられれば良かったですね。

お祝いにクリックいたします。

nihongoyaroo さんのコメント...

yutakaさん
 ありがとうございます。
ほんとう、感謝です。

野良犬 さんのコメント...

誕生日おめでとう
この歳になると誕生日なんて無いのと同じ
ベトナムは良いねー年寄りの誕生日も同じ
様に祝ってくれるから 若い学生と二人で
日本食なんてうらやましい限りです
私も頑張ってナンパしよう^^

napper さんのコメント...

おくればせながら
Happy Birath day to Mr.nihonngoyaroo...

初回のBlogから全Blog読ませて頂きました
イロイロなことが日本とベトナムの間で習慣が
異なる事をよく理解させて頂けました。

これからもBlog更新楽しみにさせて頂きますm^^m

nihongoyaroo さんのコメント...

野良犬 さん、ありがとうございます。
 そうです、年寄りを人間扱いしてくれるベトナムです。どこかの国と偉い違い。

nihongoyaroo さんのコメント...

napper さん
ありがとうございます。
文化の違いがあるから刺激があって面白いんですね。
これからもよろしく。