http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年5月24日月曜日

現実を理解できない鳩山首相!所詮大金持ちの坊々だったのか?

[鳩山首相] ブログ村キーワード 
 「最低でも県外」「自然への冒涜だ」などと一国の首相としての言葉は重いと思った。
もしかして?と多くの沖縄の人々に希望を抱かせた。私も、期待した。

その結果はこの様だ!

「怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒…」

鳩山首相の言葉がこんなに軽い物だとは気づかなかった。
政権交代への期待感があったので冷静に観察できなかった。

世の中、仕事と名のつく物には「結果」が大切な事は自明の理である。政治はその最たる物だと言われている。

政治家の言葉は思い。ましてや一国の首相の言葉は何よりも重い。他国に対して国家を代表しての言葉になるから責任は大きい。

今思えば「私を信じて欲しい」などと恋人同士の言葉じゃあるまいし、良く言えたもんだ。言われた米国の大統領、面食らったのではないだろうか。

「この人、政治家か?恋人同士の戯言?」場所と相手を間違っているのではと驚いたのが真実かも知れない。
「政治は結果だよ」と言いたかったのではないだろうか…。
それを「大統領に分かってもらえた」と言い切る言葉の軽さをその当時わかるべきであった。

あの当時なら、それこそ最低でも県外の実現に向けて仕事のやりようがあったはずだ。

残念ながら、この首相、大金持ちのぼんぼん、二世三世の弊害の例外ではなかった。

やはり、真の苦労をしていない人間には庶民の心は理解できない。ましてや沖縄県民の心などは…。
残念でならない。

こうなったら、早く首相を交代すべきだろう。今の首相では何事も結果を出せないことが分かったから。
まだ、民主党には人材は居るだろう。そう信じたい。
政権交代の任期は4年間だ。この際、首相を替えて結果を出して欲しい。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: