http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年5月25日火曜日

内橋克人:「ジャーナリズムはこれでよいのか」/転載

[ジャーナリズム] ブログ村キーワード
http://bit.ly/9gJIvi

上記のラジオを聞きました。民主党政権になって日頃感じていたことを、内橋克人さんが語られて共感しました。
以下はそのネタ元の転載記事です。

--------------------------

「NPJ」市民原則新聞・掲示版で先日、内橋克人さんのラジオ放送を見つけました。

http://www.news-pj.net/



内橋克人さんの「ジャーナリズムはこれでよいのか」ーNHKラジオから → 

ここで http://bit.ly/9gJIvi で視聴できます。。



内橋:「選挙という手続きによって選ばれた政権に対して、、、、、、、、、

    これは、民主政治そのものへの、攻撃ではないでしょうか?」



とラジオで語られています。



数年前に、ある方のメールで偶然教えてもらい、

「すり替えられた規制緩和」岩波ブックレットの資料から内橋克人さん著作など、

またジエーン・ケルシーさんたちとの対論などを仲間で輪読しました。



ニュージーランドが取り入れた、1990年の「規制緩和」のもたらしら弊害が、日本で、今起こっている問題と、

まさにぴったり重なり、皆で驚き語り合いました。



いかに、マスメディアが、本当のことを伝えない、情報を私たちに伝えないのかという事実を実感。

とても鮮明に残っています。



2年前?だったか、、雑誌「世界」で連載されていた、宇沢弘文氏との対談「新しい経済学は可能か」シリーズを、

また、同じメディア・リテラシーの仲間との、学習会で、輪読したりしましした。



私たちは、内橋克人さんの文章や、テレビ映像で拝見しています。

そこでは、なにかいつも、 ”語られることば” そのものが、

それぞれの、自分の心の深いところに届き、染みわたる思いを感じていると、語り合いました。



内橋克人さんのNHKラジオから、穏やかな、そして、心にしみわたる肉声を、ぜひみなさまお聞きください。



<追加>

下記、とくらたかこさんtwilog.より紹介コメントをも拝借いたしました。

(貼り付け開始)

***************************************************************************

内橋克人さんの「ジャーナリズムはこれでよいのか」に勇気づけられる。

 内橋克人さんの「ジャーナリズムはこれでよいのか」ーNHKラジオから → http://bit.ly/9gJIvi で聞くことができます。

 ↑は、日頃、ラジオを聴かないので、昨日、ツイッター上で知りましたが、こういう情報に出会えるだけでも、ブログやツイッターをやっててよかった、とつくづく思いました。今、もし、私が、昔のように、テレビや新聞だけが情報源の人間だったら・・・と考えると、本当に怖くなります。

 テレビや新聞の情報が必ずしも間違っているとは限らないし、ネット上の情報がすべて正しいわけでもありませんが、内橋さんの言われるとおり、私たち市民は、それらを峻別する力を持たなければならないと思います。没落させられる者が没落させる者を熱狂支持するようなことは、二度とおきませんように。

  http://twilog.org/tokuratakako

ホントにホントにそう思います。 RT @hataeiji 内橋克人さんのような良心的な評論家が冷静に現在のジャーナリズムの異常を批判してくれると、決して我々は間違っていないと確信。大きな勇気を与えてくれる。http://bit.ly/9gJIvi





*************************************************************************************************
見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: