http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年8月30日月曜日

今日から2年生は3年生、3年は4年生!新学期の始まりだ。

 そうです、今日から新学期が始まりました。
6月初めまで2年生だった学生は今日から3年生なのです。

久しぶりに会った学生は長い長い夏休みで日本語を忘れましたと宣う。オイオイ。

でも、中には日本語学校へ勉強に行っていたという学生もいる。ホー!

3年生は2クラス編成なのだが、他の午後の授業のクラスの学生がこの午前中のクラスで勉強してもいいかと聞いて来る。
本来は何の為にクラスを決めるか分からないが、ま、いいだろう…。何でもありのベトナム、気にしない気にしない。

そうかと思うと、日本語学科ではない学生が一人授業に参加している…。理由を聞くと「日本語を勉強したいので…」ま、これもいいだろう。

とにかく作文の授業はスタートした。
作文の授業は授業中はまだ良いが、学生が作文を書いた後が大変だ。そう魔の添削作業が待っている。

添削は授業時間以上の時間がかかる。
作文の授業は給料を倍にして欲しいよ。

それなのに、つい授業時間に調子に乗って「日本語で日記を書きましょう」と言ってしまった。学生が書かない事を祈る。


それでも、帰りのバイクに乗って、サイゴンの青い空と白い雲を眺めていると爽やかな風が吹いていた。
やはり授業したあとは、気持ちが良い。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村



2010年8月26日木曜日

サイゴンの下町の高層マンションの行く末は?

 写真は建設中のマンションである。
このマンション工事は一年半前にこの近くに引越して来た時には基礎工事をしていた。

何本ものコンクリートパイルを地下に打ち込んでいた。
この辺は昔は海だったのではと思っているが、地盤は弱いだろうからと心配していたが、一年半かかってここまで立ち上がってきた。

工事の進度が遅いか早いかは専門家でないので分からない。
前の宿がすぐ近くだったので、その頃には宿の屋上から工事現場を眺めていた。

今は少し現場から遠くなったが、それでも真夜中でも工事現場から建設機械の動く音がするときがある。
近所の住人はさぞやうるさかろうと思うが、日本のように苦情を言う人はいないのだろうかと思う。

後、完成までどれぐらいかかるのだろうか?
一年ぐらいかな。
分譲なのか、賃貸なのか気になるところだ…。
しかし、この辺は裏町というか下町だ。マンションの周りはとても良い環境とは言えない状況だ。

でも、完成したら周辺環境も変わっていくだろう。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月25日水曜日

閑古鳥が鳴いているカフェ、看板娘は何処へ?

 久しぶりに橋の袂のカフェに寄った。
写真のように相変わらず無粋なトタン板の壁が店の前にあるので景観は台無しだ。

そして愛想の良い看板娘2人が居ない。
ちょと前に来た時には妹の方がテト以来いないので聞いたら、田舎で勉強しているという話だった。
今度は、姉の方も姿が無い。

今は、店は親戚か雇われかの女性がいるが愛想が良くない。
愛想笑いもしない…。

景観は良くない、看板娘も居ない、サービス低下で客は減っていると想像する。

それに、最近ここのコーヒーの味が不味く感じるのである。
それは、ダクラックに旅行して以来コーヒー本場の美味しい味を知ったから今まで感じなかったが不味いと舌が言っているのだ。



 




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月23日月曜日

雨が降ると雨水がしみてくる、カビが生える!でも、ベトナムでは当たり前の現象?!

 このところ、サイゴンは午後になると雨が降り続く。
宿の部屋の壁の柱の部分(?)が雨が降ると写真のように雨水がしみてくる。
おかげで、部屋がじめじめしているような気がする。おかげで連日昼はエアコンを付けっぱなしだが除湿機能がついているような上等ではないので対策にはならない。

そのせいか、リュックや古いベルトにカビが生えてきた。

そこで、一人の代表格の娘に家主に写真のような状況を伝えて欲しいと言うが、娘は「ベトナムでは当たり前です。普通です。」と言ってのけるのである。

もちろん、ベトナムの家は柱と言ってもレンガを積み上げて作るのでこのような結果になることは想像できる。
しかし、防水対策をしっかりやればこんなことにはならないだろうと思うが…。

娘曰く「私の家も、○○さんの家もこんなのは普通です。」と言ってのける。ベトナム人だ…。

それは分かっているが、この事実は家主に言っておけと言う。
娘はハイハイと返事はするが果たして…。前にも、私の頼みの件を家主に自分の考えで言わなかった事がある娘だ。

9月には家賃契約の更新がある、そのためにも伝えておくべきと考えているのだが。
こちらの趣旨は娘に理解できていないので家主には伝わらないだろう。

日本語を学習して、将来は通訳か翻訳の仕事をしたいという娘だが、これではマトモな通訳にはなれないな。
と言うよりは、ベトナム人通訳は勝手に自分の考えで通訳してしまうことが多いと聞く。正確な意図は相手に伝わらない。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

ベトナム娘の心はサイゴンの天気のようだ。え!今朝は一人!?でも私は行く。




 とうとうと言うか、今朝は私一人の散歩となった。

昨夜遅く、一人のベトナム娘が「明日の朝の運動は休みたいです。これからは二日に一回に…。」と言ってきた。
おいおい、毎日するんではなかったの?

先日、私が休みたいと言ったらみんなで「続けなければ」と拒否をしたのに、自分たちの都合で簡単にそんなこと言って来る。ま、心変わりやすい若きベトナム娘、ほんにその心はサイゴンの天気のようだ…。

そして今朝、5時に目が覚めた。
いつもよりも快調だ。
外がまだ暗いうちに階下の娘たちが寝ている所を通り過ぎて外に出る。

外を歩き出すと、気分は快適だ。

動物園内は月曜日とあってか昨日よりは人が少ない。
早朝の散歩は、一人で住んでいたらやっていたかどうか分からない。今の娘たちと住んでいるからやり始めた。その事に感謝しよう、などと思いながら歩く。

そう言えば、春夏の甲子園の高校野球を制覇した興南高校は最初、起きない寝ない食べないなどの生活習慣ができていない生徒たちだったのを監督が鍛え直したとか…。まず、朝の散歩から始めたとか書いてあった。

「早起きは三文の徳(得)」と昔から言うが、私などはこの歳になってようやくそのことの大切さを知ると言う、なんと不心得者か。若い頃から実践しておれば人生は変わっていたなどと今更言うまい。

しかし、そのことを興南高校は実証してくれた。春夏制覇などすごい事だ。優勝おめでとう。

最近、沖縄には基地問題などで良いニュースは少なかったが、沖縄の人々の喜ぶ笑顔が想像できて私まで嬉しくなった。

そんなことを思いながら散歩と運動をしながら動物園内を歩く。最後の写真では、木の葉の陰に雀よりも半分くらいの鳥を見つけたが、写真では見えにくい‘…。親指くらいの大きさの鳥だった。今度また見つけたら撮りましょう。

明日は、独りかな?




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月22日日曜日

キャー、突然に宿にひびく黄色いベトナム娘の声!何が起きた!

 昼前に突然、階下からキャーと黄色い娘の声が鳴り響いた。
何が起きた?と急ぎ階下に降りると娘たちは昼ご飯の準備で台所に集まっている。

流し台の水槽の所で2人の娘が騒いでいる。
見ると、今朝市場で買った「カーケオká kèo」と発音する日本の泥鰌に似た魚と取っ組み合いをしている最中だった。

その「カーケオká kèo」が入れ物から逃げ出しているのを手でつかむが泥鰌と同じでスルリと手の中から逃げ出すたびに黄色い声を張り上げている。

そして、その容器の中に入れた魚を木槌で慣れない手つきで叩いて大人しくさせようとするが簡単ではない。
魚はクネクネと逃げ回る…。

私も途中からその行動に参加して行くのだが、なぜ今大人しくさせるのか?疑問が生じる。このまま鍋に入れてしまえばいいだろう。

その答えはすぐに分かった。
先に野菜などを入れた鍋にそれから魚を入れたら、元気のよい数匹の魚は鍋から飛び出したのである。

そうなんだ。元気のよい魚は鍋から飛び出すので、事前に魚を弱らしておこうと考えての先の行動だったようだ。

そう言う訳で、我が宿の初めてのカーケオの鍋料(lẩu ká kèo)
は始まった。美味でした。魚は新鮮だから。

でも、娘たちは以外にも食べるのは苦手だというのがいて、食べ方も丸ごと頭から骨も一緒に食べるのではなくて、わざわざ骨と身を分けて食べるのです。そんなことしたら食べる部分など僅かしかないのに。

それでも、野菜もたっぷりといただき満足なカーケオ鍋でした。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

サイゴンの裏町から…永遠の…

 今日も先ほどから雨がサイゴンの裏町の宿の屋根を叩く。
昨日と同じように中島みゆきの「永遠の嘘をついてくれ」を繰り返し聴いている。


「なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ」

この意味深な言葉に私は酔っている…。

なにもかも愛ゆえのこと、
道理のためだった…。

格好よく言えたら我が人生も少し違う道を行っていたかも。

今朝も、ベトナム娘と一緒にバドミントンで汗を流す。
早朝の運動を始めて、もう10日を過ぎた。

20歳過ぎの娘たちの躍動感あふれる姿と嬌声、汗に触れながら私の気持ちも20代に帰ったようだ。

例え、毎日数十分の運動とはいえ日頃の運動不足の体にはこたえる。「一日休みたい」という願いは娘たちに却下されて、今日は審判役をしたが途中で我慢できずに競技に参加した。

我が人生でも、20代の頃にこんな幸せ感を継続体験したことはないだろう。今の幸せ感に感謝。

日本では掴むことができなかった幸せ感。
こんなサイゴンの裏町で今、生きていることに幸せを感じることができるとは。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月21日土曜日

永遠の嘘をついてくれ!

 今日は午後から断続的に雨が降り続いている。
最近いつもごろごろ寝ているとベトナム娘たちからからかわれている私。こんな日は中島みゆきでも聴くしか無い。

「永遠の嘘をついてくれ」( 中島みゆき)を最近iPadでYou Tubeでコンサート版を見つけた。最近、一番のお気に入りの歌と詩だ。

この詩から過ぎ去った過去の思い出を嫌でも思い出さざるを得ない…。不思議に中島みゆきの詩からは嫌な思いは思い出さない。

中島みゆきがどんな思いでこの詩を書いたかなど到底分からないが、『この国を見限ってやるのは俺のほうだと
追われながらほざいた友からの手紙には
上海の裏町で病んでいると
見知らぬ誰かの下手な代筆文字』の部分は自分の境遇を重ねて聴いている自分がいるような気がする。

「上海の裏町」をサイゴンの裏町に置き換えて聴いている…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「永遠の嘘をついてくれ」 中島みゆき 詩・曲

ニューヨークは粉雪の中らしい
成田からの便はまだまにあうだろうか
片っぱしから友達に借りまくれば
けっして行けない場所でもないだろうニューヨークぐらい
なのに永遠の嘘を聞きたくて 今日もまだこの街で酔っている
永遠の嘘を聞きたくて 今はまだ二人とも旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ
この国を見限ってやるのは俺のほうだと
追われながらほざいた友からの手紙には
上海の裏町で病んでいると
見知らぬ誰かの下手な代筆文字
なのに永遠の嘘をつきたくて 探しには来るなと結んでいる
永遠の嘘をつきたくて 今はまだ僕たちは旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 一度は夢を見せてくれた君じゃないか
傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
やりきれない事実のかわりに
たとえくり返し何故と尋ねても 振り払え風のようにあざやかに
人はみな 望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ  出会わなければよかった人などないと笑ってくれ
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ  出会わなければよかった人などないと笑ってくれ




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

プッツン足踏みベトナム娘朝帰りの巻

 今朝の、今や恒例となった早朝のウオーキング&バドミントンに行くために階下に降りて行くと一人娘が少ないのが分かった。

「đi đâu、ở đâu?」娘が居ない事を他の娘に尋ねると、「昨夜帰っていません」。

えー、外泊!?

そう言えば、昨夕は男の友達がバイクで迎えに来ていたのを思い出した。

「どこに行ったの?」
「分かりません」

いつもの事ですが、娘たちは夜は勉強や遊びで忙しく、宿に帰る時間は10時前後です。その時間には、私は就寝の準備中なので階上の部屋の私は殆ど階下へは行かないので、娘たちが帰宅するのは見ません。

だから、誰が帰っているか居ないかなどは分からない。

動物園に行く途中の娘たちとの会話はその外泊娘の事でもちきりです。
友達の家に泊まっているという程度の情報しか娘たちも持っていないようです。

友達?男性?恋人?と私が質問しても「友達が多いですから」
という程度の反応で、別段心配もしていない様子の娘たち…。

外泊娘の田舎の親の家に電話して「昨夜から帰っていません」と言いましょうと冗談で言うと「電話番号が分かりません」と一人の娘は真面目に反応してくるが他の者は笑っているだけ。

そのまま、動物園に着いてバドミントンを始めるが、1週間連続で行っている疲れからと、いや今朝は遅かったので良い場所が無くて、大きな木の下でのバドで視界が悪くてミスの連続です。それにしても娘たちは若い、疲れも見せずに運動している。

と言う訳で、今日も負け組でスーダオナンをおごる事になった。でも、そのスーダオナンではなくてダーオフーと言う豆腐のチェーに結局なった。

そのダーオフーを路上で売っているお婆さんに歳を聞くと66歳とのこと。元気かと聞くと時々頭が痛いと言う。
つい、調子に乗って「それはいけませんね。日本人はお金が無いと頭が痛いのです」と訳の分からない意味のベトナム語をしゃべってしまい、あとで娘たちに「失礼になります」と注意を受けてしまう。冗談冗談と言うが相手には意味不明だったのだろう。(反省)

実は、外泊娘とは今朝は8時からベトナム語の勉強をする予定になっていた。しかし、朝になってもいないのだから、無理だろうなと思うのだが、内心連絡があるかどうか分からないなとも考える。

結局、運動から宿に帰りシャワーを浴びて食事をしてそのまま疲れて寝てしまい起きたのは11時過ぎでした。

就寝途中その外泊娘が大きな声で門を開けてと他の娘に言っている声で目が覚めたのですがまた寝てしまう。

目覚めて階下に降りて行くと外泊娘に会い、外泊の事を少しからかい気味に話すと友達の家は遠い所にあって云々と言い訳をしているがあまり興味もないので聞き流す。

しかし、ベトナム語の勉強についてはメッセージを送ったとのこと…。見ていないよ。

後で、メッセージを見ると朝の7時55分に「急用がありますので…」と書いている。何が急用だ、昨夜から外泊していて…。しかも、8時直前のメッセージ…。
まだ、メッセージがあれば良い方かな?!

なんともしまらない出来ごとでした。






見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月20日金曜日

ベトナム娘一人、突然バド審判止め後ろ向いて足踏みを始める??どうしたの?



 宿のベトナム娘たちと始めた早朝のウオーキング&バドミントンは一週間以上継続している。やはり、一人で運動をするのは継続が難しいが、みんなで行うと怠ける気持ちが出ても抜けられない状況から続くものである。
最初の写真は動物園へ行く途中の路上市場の風景だ。朝早くから店を出して、客もたくさん来ている。
新鮮な魚も売っているが、路上販売は冷蔵や保冷などというようなシャレた設備はないから、朝早く買って自宅の冷蔵庫で保管するか料理するのがコツなのだろう。
 ところで、いつものように動物園について準備体操から始めます。そしてバドミントン開始。先日から、2対2で行い負け組が豆乳をおごることになっている。だからではないだろうが、勝負にはけっこうシビアになる娘たちだ。

もちろん、ネットもラインも無い状況で勝ち負けを争うので、
真剣になってくると娘たちの間で火花が散っている。

審判役をしていた娘が突然に、羽根が自分の体に飛び込んで来た直後に後ろを向いて足踏むのようなことをやり出した。
審判放棄だ。最初、私は何が起きたか理解できなかった。

しかし、他のベトナム娘たちは理解しているようだ。その直前に、打った羽根が低い、高いで揉めていた。その直後の事だ。

プッツンらしい。
私は若い娘と一緒に競技していて相当に疲れたので、そのプッツン娘に交代してくれるかと尋ねるが答えは冷たくノー。そこで初めて事態が深刻なのを察するのです。

一瞬気まずい雰囲気がその場に流れるが、その辺は慣れた様子で他の娘たちは何気なく行動している。

結局、勝負は無しと言う事でその場は終了。

日頃は、同じ釜の飯を食っている者同士でも、こと勝負事になるとシビアな火花が飛び散るベトナム娘の関係でした…。

その後、何事も無かったかのように表面上は付き合う娘たちです。

明日も競技できるかな?




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月18日水曜日

オイこら!割り込むな。ここにオレがいるだろ!!

 恒例になった朝のウオーキング&バドミントン、雨が降った日以外は継続中です。
朝の動物園は上のように大きな木が多くて、写真の様にベンチに座っているだけでも気持ちが良いのでしょう。遠くに老夫婦(?)が座っているのが見えます。





運動を終えて園外に出て写真のような路上の果物売り場前で買いたいなと思い、やはり同じような客の後ろで立っていると突然に横から狭い空間に自転車が割り込んで来ました。

自転車が通れる空間ではありません。どうやら自転車を止めるのに前輪を私の真ん前に割り込ませてきたようです。

人ごみの中で、そうされと私は前に行けません。明らかに買い物の邪魔です。
その自転車のオバさんに「オイこら!割り込むな。ここにオレがいるだろ!!」「まったく。何考えているんだ。」

しかし、オバさんは言葉が分からないから一瞬きょとんとしていたが、こちらの勢いに何かを感じたか少し自転車を下げた。

人様の迷惑など考えていない、一部のベトナム人かも知れないが、こういう類いのベトナム人がいる。

学生が、あとで「気をつけてくださいね。怖いから。」と言っていたが、こっちは当たり前のことを言っているだけだ。
向こうが失礼だろというと、色々なベトナム人がいますから…と学生は呟くのみである。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月17日火曜日

ベトナム娘の背中の汗と豆乳/ウオーキング&バド四日目

 ウオーキングとバドミントンを始めて四日目、今日は2対2で競技して負けた組が豆乳をおごることを相談しています。
それでなくて、バドを始めると真剣になるベトナム娘、豆乳がかかっているので今朝は特に気合いが入っています。
あっという間に時間がすぎて7時前、管理人に厳しく追い立てられて動物園内を出ます。
そして、負け組の私と一人の娘が豆乳を買います。


足取りも軽い(?)娘たちの後ろ姿。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月15日日曜日

ベトナム娘とバドで汗を流す

 今日も朝早くから動物園内でバドミントンで遊ぶ。
昨日は来れなかった一人の娘はバドを10年前に1年間練習したとのこと。腕前拝見。
バドを本格的に練習した人の打ち方は、遊びでしかやったことのない人とは違いますね。ちょっとふんわりと高く打つとバシッと強く打ち込んで来る。
そう言えば、テレビで見るバドの競技をそうだったなと思い出します。隣のベトナム人グループは足で羽根を蹴るスポーツをしていました。名前が分からないので調べておきます。
あれも、ベトナムでは良くやっていますね。足だけで蹴るので大変だけど運動になりますね。
こうして見ると、ベトナム人は運動をしない、歩かないと思っていたが考え方を変えないといけませんね。こうして、早朝から運動している人もたくさんいるからね…。
動物園の入り口には、写真のように物を売っています。里芋やタライモをふかしたのを売っていたので買いました。懐かしい味ですね。
最後の写真は橋の袂です。夕方になると反対側の橋桁に娼婦が立ちます。(関係ないか)一日中、色んな顔を見せる橋の風景です。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月14日土曜日

ベトナム娘はバドミントンに夢中!

[バドミントン] ブログ村キーワード
 この二日間のベトナム娘たちとのウオーキングで、動物園内で朝多くの人がバドミントンをしているのを見て「私たちもしたい!」と言い出した。それではということで昨日道具を買いに行く。ラケット2本で10万ドン(約500円)を2セットと羽根6個が4万ドン也。
そして今日はその初プレイ。最初は何年ぶりかでとまどっている娘もいたが、やはり若い。すぐにプレイに夢中になっている。
もちろん私も参加するのだが、最初にプレイをして後は写真担当です。実は簡単なプレイにみえて、足も使うのでけっこう良い汗が出ます。そう足がついて行かないのです…。

その点、娘たちは流石若い。写真のように必死で全身を使って羽根を追いかけています。
2対2でプレイをしているのを見ていると、結構真剣になって競っています。黄色い声を張り上げて相手のミスを指摘したりしながら、でも楽しそうです。
日頃、宿では見せない姿を見られていいですね。
後半は、私は汗を拭きながら娘たちのプレイを鑑賞することにしました。写真の様に動物園では多くのベトナム人がプレイを楽しんでいます。
バドミントン、当分これで遊べるな。24万ドン、安いもんだ。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2010年8月13日金曜日

ベトナム娘とウオーキング/動物園は臭い!

 昨日から急に始めたウオーキング、今朝は少し早く5時過ぎから起き出して6時前に歩き出す。動物園前に着くとまだ暗いので電気が付いていました。
来る途中も、店や軒下カフェもまだ開いていなくてじろじろ見られることもなかった。
動物園内では、すでに多くのベトナム人が歩いたりバドミントンなどをしたりしていた。
しかし、何かオカシイ?そう、臭いのだ!
動物園特有の匂いです。
下の標識は「立ち入り禁止」のようです。
どんどん中に入って行ったら、管理人のオジさんが出て来て大きな声で怒鳴られた。

そこで、バドミントンをしていた母子は、そのオジさんが見えなくなったらまたやりだした。さすがオバさんパワーに国境はない。

私たちは、こんな臭い所はダメだと、昨日の川沿いの緑地へ行くことにした。

そして、緑地での体操です。昨日よりも一人メンバーが増えました。
前方に見えるのは、一年半前はまだ基礎工事中だったマンションの建設風景です。すでに12階の表示まで建っています。何階まで建つのだろう。
体操を終えて宿に着いてしばらくすると、みんな「疲れたー」と横になっている。
二日目の運動後は日頃の運動不足がたたりみんなぐったりぎみです。明日はどうなるだろう。
「三日坊主」という言葉を娘たちに教えたばかりですが…。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村