http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年8月10日火曜日

「すみません、お金を明日まで貸してもらえませんか。」がベトナム語で言えない…。

「すみません、お金を明日まで貸してもらえませんか。」がベトナム語で言えない…。


 今朝は、目が覚めたら9時前だった。私が階下に降りて行くと、宿の女子学生たちはそれぞれ大学や本屋などへ出かけるところだった。

「遅いですね…」と言いながら娘たちは行った。


私は、遅い朝食を近くの屋台のチャオ(お粥)にして、その後市場へ人参ジュースの人参が無くなったので買い出しに出かける。

その前に、最近ご無沙汰している川の側の軒下カフェへ寄る。


時間は10時を過ぎていて遅い。客は私独りだった。

いつものカフェデンナム(ホットブラックコーヒー)を飲みながら、相変わらずトタン板で視界がじゃまされている目の前の風景を見ていると、突然にバイクとバイクがぶつかった。


カフェの場所は通りの角になっているので視界は良くない。

そのコーナーの所で女性同士の運転するバイクが正面衝突して片方は倒れた。


しかし、お互いにスピードはそんなに出ていなかったのでけがなどもないらしい。

その時、カフェにいた一人の若いベトナム人男性がさっと飛び出して倒れた1台のバイクを起こすのを助けていた。


その後、ぶつかった当事者同士は何か簡単な言葉を交わしていたが、何事も無かったかの様に去って行った。

ほんの一瞬の出来ごとだった。

このベトナムでは日常的な風景なのだろう。


その様子をカフェの席から眺めていた私は「スピードが出ていなくて良かった」と呟いていた。


話が本題からそれてしまった。


その出来ごとを見てから、おもむろにコーヒー代を払おうとして財布を忘れたのに気がついた。慌ててあちこちチエックして隠し財布に50万ドン札が1枚あったのを見つけた。


カフェのお姉さんにそれを見せると困った顔をしている…。

5千ドン払うのに50万ドンではね…。

仕方が無いので、以前にもあったが「すみません、お金を明日まで貸してもらえませんか。」と言いたいのだが、がベトナム語で言えない…。


それでも「サンマイsang mai、チャーテンtra tien、オッケーok?」と言うとOKになった。

明日の朝に忘れずに来なければならない。

宿に帰って、学生に言うと、最後に「…ドウック コム duoc khong」をつけなさいと言われた。


ちっとも、ベトナム語が上達していない。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ" />
にほんブログ村




2 件のコメント:

ひろみ さんのコメント...

こんばんは、癒しのたれ耳のひろみです。
銀行のATMカードの記事ではご心配をお掛けしました。すみません。あれはベトコンバンクの話です。
私も日本のATMカードもありますが、そちらは交換の必要なしでした。
今後のために、本文中に追記でベトコンバンクであることを明記しておきました。ほんとすみません。

で、お金の話ですが、実は私も同じような経験があります(^^;
近所でバインミーを6個買って財布を開けたら0円!(笑)
前の晩に財布を新しいのにしたことをすっかり忘れて、古い、何も入っていないお財布で出かけていたのでした。

私は全くベトナム語が話せないので、財布を広げて見せて、ゼスチャーですぐ戻ってくるから、ごめんねと言って、超特急で家まで取りに戻りました。
何とか通じでホッとしましたが・・・お店の人は苦笑いしてましたけど、きっと不安だったと思います(^^;

nihongoyaroo さんのコメント...

ひろみさん
 わざわざありがとうございます。安心しました。一瞬、カードが使えなくなる?と慌てました。何でもありのベトナムですからね。

勇んでカフェに行ったら財布が無い!ってことありますね。
でも、そんな時にベトナム人は笑っておおらかに対応してくれますね。私は何回もやってます。でも、初めての店だとヤバいですね。