http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年8月21日土曜日

プッツン足踏みベトナム娘朝帰りの巻

 今朝の、今や恒例となった早朝のウオーキング&バドミントンに行くために階下に降りて行くと一人娘が少ないのが分かった。

「đi đâu、ở đâu?」娘が居ない事を他の娘に尋ねると、「昨夜帰っていません」。

えー、外泊!?

そう言えば、昨夕は男の友達がバイクで迎えに来ていたのを思い出した。

「どこに行ったの?」
「分かりません」

いつもの事ですが、娘たちは夜は勉強や遊びで忙しく、宿に帰る時間は10時前後です。その時間には、私は就寝の準備中なので階上の部屋の私は殆ど階下へは行かないので、娘たちが帰宅するのは見ません。

だから、誰が帰っているか居ないかなどは分からない。

動物園に行く途中の娘たちとの会話はその外泊娘の事でもちきりです。
友達の家に泊まっているという程度の情報しか娘たちも持っていないようです。

友達?男性?恋人?と私が質問しても「友達が多いですから」
という程度の反応で、別段心配もしていない様子の娘たち…。

外泊娘の田舎の親の家に電話して「昨夜から帰っていません」と言いましょうと冗談で言うと「電話番号が分かりません」と一人の娘は真面目に反応してくるが他の者は笑っているだけ。

そのまま、動物園に着いてバドミントンを始めるが、1週間連続で行っている疲れからと、いや今朝は遅かったので良い場所が無くて、大きな木の下でのバドで視界が悪くてミスの連続です。それにしても娘たちは若い、疲れも見せずに運動している。

と言う訳で、今日も負け組でスーダオナンをおごる事になった。でも、そのスーダオナンではなくてダーオフーと言う豆腐のチェーに結局なった。

そのダーオフーを路上で売っているお婆さんに歳を聞くと66歳とのこと。元気かと聞くと時々頭が痛いと言う。
つい、調子に乗って「それはいけませんね。日本人はお金が無いと頭が痛いのです」と訳の分からない意味のベトナム語をしゃべってしまい、あとで娘たちに「失礼になります」と注意を受けてしまう。冗談冗談と言うが相手には意味不明だったのだろう。(反省)

実は、外泊娘とは今朝は8時からベトナム語の勉強をする予定になっていた。しかし、朝になってもいないのだから、無理だろうなと思うのだが、内心連絡があるかどうか分からないなとも考える。

結局、運動から宿に帰りシャワーを浴びて食事をしてそのまま疲れて寝てしまい起きたのは11時過ぎでした。

就寝途中その外泊娘が大きな声で門を開けてと他の娘に言っている声で目が覚めたのですがまた寝てしまう。

目覚めて階下に降りて行くと外泊娘に会い、外泊の事を少しからかい気味に話すと友達の家は遠い所にあって云々と言い訳をしているがあまり興味もないので聞き流す。

しかし、ベトナム語の勉強についてはメッセージを送ったとのこと…。見ていないよ。

後で、メッセージを見ると朝の7時55分に「急用がありますので…」と書いている。何が急用だ、昨夜から外泊していて…。しかも、8時直前のメッセージ…。
まだ、メッセージがあれば良い方かな?!

なんともしまらない出来ごとでした。






見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: