http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年8月22日日曜日

サイゴンの裏町から…永遠の…

 今日も先ほどから雨がサイゴンの裏町の宿の屋根を叩く。
昨日と同じように中島みゆきの「永遠の嘘をついてくれ」を繰り返し聴いている。


「なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ」

この意味深な言葉に私は酔っている…。

なにもかも愛ゆえのこと、
道理のためだった…。

格好よく言えたら我が人生も少し違う道を行っていたかも。

今朝も、ベトナム娘と一緒にバドミントンで汗を流す。
早朝の運動を始めて、もう10日を過ぎた。

20歳過ぎの娘たちの躍動感あふれる姿と嬌声、汗に触れながら私の気持ちも20代に帰ったようだ。

例え、毎日数十分の運動とはいえ日頃の運動不足の体にはこたえる。「一日休みたい」という願いは娘たちに却下されて、今日は審判役をしたが途中で我慢できずに競技に参加した。

我が人生でも、20代の頃にこんな幸せ感を継続体験したことはないだろう。今の幸せ感に感謝。

日本では掴むことができなかった幸せ感。
こんなサイゴンの裏町で今、生きていることに幸せを感じることができるとは。



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: