http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年8月22日日曜日

キャー、突然に宿にひびく黄色いベトナム娘の声!何が起きた!

 昼前に突然、階下からキャーと黄色い娘の声が鳴り響いた。
何が起きた?と急ぎ階下に降りると娘たちは昼ご飯の準備で台所に集まっている。

流し台の水槽の所で2人の娘が騒いでいる。
見ると、今朝市場で買った「カーケオká kèo」と発音する日本の泥鰌に似た魚と取っ組み合いをしている最中だった。

その「カーケオká kèo」が入れ物から逃げ出しているのを手でつかむが泥鰌と同じでスルリと手の中から逃げ出すたびに黄色い声を張り上げている。

そして、その容器の中に入れた魚を木槌で慣れない手つきで叩いて大人しくさせようとするが簡単ではない。
魚はクネクネと逃げ回る…。

私も途中からその行動に参加して行くのだが、なぜ今大人しくさせるのか?疑問が生じる。このまま鍋に入れてしまえばいいだろう。

その答えはすぐに分かった。
先に野菜などを入れた鍋にそれから魚を入れたら、元気のよい数匹の魚は鍋から飛び出したのである。

そうなんだ。元気のよい魚は鍋から飛び出すので、事前に魚を弱らしておこうと考えての先の行動だったようだ。

そう言う訳で、我が宿の初めてのカーケオの鍋料(lẩu ká kèo)
は始まった。美味でした。魚は新鮮だから。

でも、娘たちは以外にも食べるのは苦手だというのがいて、食べ方も丸ごと頭から骨も一緒に食べるのではなくて、わざわざ骨と身を分けて食べるのです。そんなことしたら食べる部分など僅かしかないのに。

それでも、野菜もたっぷりといただき満足なカーケオ鍋でした。




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: