http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年12月23日木曜日

ダラット大学で学生と懇談

ダラット大学の日本語学科の学生数人と懇談することができた。学生たちは、地元のダラットからではなくてベトナムの各地から来ていることが分かった。中には宿の学生と同じ故郷の学生もいて話は弾みました。
日本人と話す機会が少ないダラットで日本語の学習は大変でも学生はがんばっています。中には日本に留学したいという学生もいて、行けたらいいね。
ダラット大学は小高い丘の緑豊かな環境の中に位置していて、ホーチミン市内とは大違いで自然環境はすばらしい。こんな所でしごとできたらいいね。
学生たち、坊様の話を熱心に聞いていました。この中から一人でも日本に行けたら…。
この恵まれた自然環境で勉強している学生とホーチミン市の大学(うちの大学は環境は最悪)の学生との差は?本人のやる気だけの差かな。


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

野良犬 さんのコメント...

こんちわ
今後の為にダラットで日本語教師出来れば良いですね 私も引っ越してから少し生活が安定して来ました 又お暇な時にダラットの事色々聞かせてください 

nihongoyaroo さんのコメント...

野良犬さん
コメントありがとう。ダラットはホーチミン市よりは日本人には環境的に向いているかなと思うのです。特に年寄りには…。でも、仕事するには条件は悪いですね。

引っ越しされたとか?また詳しく聞きたいですね。良い、新年をお迎えください。